あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

2015年SIMロック解除元年、SIMフリーの魅力と所持デバイスのまとめ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住人のあんこぱんです。

昨年、総務省が正式に携帯電話のSIMロック解除の義務化方針を発表し、いよいよ2015年5月からはSIMロック解除が始まります。

このようなことから格安SIMフリースマートフォンの運用が話題になっています。

筆者も昨年からキャリアサービスからMVNOへ移行し、格安SIMフリースマートフォンを運用しています。

そこで今回はSIMフリーの魅力と筆者が所持しているSIMフリーデバイスのスペックと特徴をご紹介します。

SIMフリーの魅力

SIMフリーとは

利用者識別を行うICカード「SIMカード」に対応した携帯電話端末で、どの通信事業者(キャリア)のSIMカードでも差し込んで使えること。

日本では携帯電話端末を原則として通信会社が通信契約とセットで販売してきた関係で、特定の通信会社のSIMカードしか利用できない「SIMロック」と呼ばれる制限が施された端末が一般的だった。このような制限がなく、どのキャリアのSIMカードでも差し込んで利用できる端末のことをSIMロックフリーという。

日本以外の多くの国では、携帯電話本体はメーカーが、通信契約は通信会社がそれぞれ別個に販売する形が一般的なため、ほとんどの端末がSIMロックフリーとなっている。

 SIMフリーの魅力

SIMフリーの魅力は、やはり格安運用と2年縛りがないことです。

格安SIMフリースマートフォンとMVNOの格安SIMを導入することで運用できます。

最近ではLTE対応SIMフリースマートフォンで2万円を切る機種があり、初期費用もMVNOの登録手数料込みで24,000円ほとでSIMフリースマートフォンとMVNOサービスが利用できます。

MVNOの音声通話SIMが1か月あたり1600円(高速データ通信3GB)が利用できますので、キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)と比較しても格安に運用できることがわかります。

また、データ通信SIMに050Plusで運用では1か月あたり1,000円ほどで運用ができます。

推奨される仕様

SIMフリースデバイスを利用する場合には少し注意が必要です。

それはMVNOサービスのそのほとんどがNTTドコモ回線を利用していることです。

なのでSIMフリーデバイスを購入する際は次の仕様を確認しましょう。

FOMAプラスエリア

NTTドコモ3G回線の800MHz帯域が利用できるもので、山間部などにはいまだにFOMAプラスエリアがありますので、そのような場所でも通信ができます。

デバイス仕様のモバイルネットワーク欄に次のとおり記載があれば大丈夫です。

W-CDMA:800MHz(Band6、Band19)

プラチナバンドLTE

NTTドコモのLTE帯域バンド19(800MHz)が利用できるものです。

デバイス仕様のモバイルネットワーク欄に次のとおり記載があれば問題ありません。

LTE:800MHz(Band19)

テザリング

テザリングとはいわゆるSIMフリーデバイスをポケットWi-Fiにする機能です。

モバイルパソコンやタブレットをテザリングで接続して利用することができます。

なお、NTTドコモのAndroidの白ロムスマートフォンの場合は、テザリングが利用できませんので注意してください。

iPhoneですとMVNOのプロファイルを設定することで利用ができます。

所持デバイスその1:ZTE Blade Vec 4G

f:id:ankopan01:20150221143202j:plain

スペック

OS:Android4.4
画面:5インチ 1280×720
CPU:Snapdragon 400 MSM8926 QuadCore 1.2GHz
RAM:1GB
ROM:16GB
カメラ:800万画素(背面)
W-CDMA:800/2100MHz
LTE:800/1700/2100MHz
バッテリー:2300mAh
SIMタイプ:microSIM
重量:132g

特徴

筆者が一番オススメする格安SIMフリースマートフォンです。

「価格が安い」「コンパクトで軽い」「バッテリー持ちが良い」と三拍子揃ったSIMフリースマートフォンです。しかも「FOMAプラスエリア」「Xiプラスエリア」に対応しており、16GBのストレージ容量を搭載しています。

価格が2万円を割るときもありますので、コストパフォーマンスは最強です。

筆者の場合、子ども用と合わせて2台所持しています。

なお、freetelで発売したfreetel XMはこのZTE Blade Vec 4GのOEM商品です。

 所持デバイスその2:feetel priori2

f:id:ankopan01:20150221143734j:plain

スペック

OS:Android4.4
画面:4.5インチ 854×480
CPU:MediaTek MT6582M QuadCore 1.3GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
カメラ:500万画素(背面)
W-CDMA:800/2100MHz
LTE:非対応
バッテリー:1700mAh
SIMタイプ:標準SIM、microSIM
重量:132g

特徴

こちらは1万円以下で購入できるSIMフリースマートフォンです。

基本的に3G回線専用のスマートフォンで「FOMAプラスエリア」が利用できます。

3G回線といっても2Mbpsくらい通信速度がでるので、050PlusなどのVOIPサービスの利用でも問題ありません。

なお、050Plusの利用時の送話音量が低い問題がありますが、050Plusの設定から音量を手動で調整することで対応できます。

所持デバイスその3:ASUS FonePad7 LTE

f:id:ankopan01:20150221143518j:plain

スペック

OS:Android4.4
画面:7インチ 1280×800
CPU:Atom Z2560 DualCore 1.6GHz
RAM:1GB
ROM:16GB
カメラ:500万画素(背面)
W-CDMA:800/900/2100MHz
LTE:800/1800/2100MHz
バッテリー:3950mAh
SIMタイプ:microSIM
重量:333g

特徴

音声通話もできるいわゆるファブレットに属するデバイスです。筆者がファブレット欲しさに購入したSIMフリーデバイスです。

「Xiプラスエリア」にも対応してますが、最近のHuawei Ascend Mate7などのファブレットと比較するとスペックが低く、動作もサクサクとは言えません。また、スリープ時から起動した場合、ネットワークに接続できないことが度々あります。

バッテリー持ちもそれほど良くなく「YouTube」「dビデオ」などの動画ストリーミングを利用するとものすごい勢いでバッテリーが消耗します。

まとめ

今年は昨年以上に数多くのSIMフリーデバイスが登場するでしょう。

おそらくAndroidを中心に格安デバイスと高機能デバイスとに二極分化し、それぞれでヒット商品が出ると思います。

ミドルレンジからハイエンドの中では「Asus ZenFone2」が注目されるでしょう。

また、HuaweiとZTEといった中国メーカーにも注目です。

SIMフリーデバイスの価格と機能とのバランスを考えると、コストパフォーマンスが高い台湾・中国メーカーの機種がメインになるでしょう。

特にAsus、Huawei、ZTEの3つのメーカーには注目です。

それではまた。