あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【freetel priori2】このサクサク感は癖になります、コスパ最強の格安SIMフリースマートフォンです!

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住人のあんこぱん(@ankopan01)です。

前回は格安SIMフリースマートフォンの注目機種「Covia FLEAZ F4」のレビューを掲載しました。

【Covia FLEAZ F4】格安SIMフリースマートフォンの完成度はここまできたか! - あんこぱんのつぶやき

今回はそのライバル機種になる「freetel priori2」のレビューです。

freetel priori2のスペック

f:id:ankopan01:20150304210038j:plain

OS:Android4.4
画面:4.5インチ 854×480
CPU:MediaTek MT6582M QuadCore 1.3GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
カメラ:500万画素(背面)
W-CDMA:800/2100MHz
LTE:非対応
バッテリー:1700mAh
SIMタイプ:標準SIM、microSIM
重量:132g

「Covia FLEAZ F4」と同じく3G専用の格安SIMフリースマートフォンです。NTTドコモプラスエリア対応ですので山間部などでも問題なく利用することができます。

CPUは定評がある「MediaTek MT6582M」のクアッドコアとなりますので、動作は機敏でサクサク動作します。

バッテリー容量も1700mAhあるので通常の利用では十分です。

デザイン

可愛らしいデザインでライバル機種の「FLEAZ F4」よりはポップ感があります。

f:id:ankopan01:20150304210201j:plain

軽量で持ちやすいのでスペシャルパッケージ版のカバーより、単品バージョンのほうがオススメです。

筆者はスペシャルパッケージ版を購入したので、後日、背面カバーを別途購入しました。

CPUのベンチマーク

CPUは定評がある「MediaTek MT6582M」です。

AnTuTuベンチマークのスコアは「18391」でライバル機種「FLEAZ F4」より上です。

f:id:ankopan01:20150304211449p:plain

動作もサクサクで申し分ありません。

画面の画質

画面の画質は4.5インチ 854×480と解像度が低いです。

f:id:ankopan01:20150304210505p:plain

同じ4.5インチでは「FLEAZ F4」のほうが綺麗です。

画面の画質を気にする方は要検討項目です。

バッテリーの持続時間

バッテリー満充電100%の状態から、次のように1日使用してみました。

  • 通話:2分×2回
  • キュレーションアプリ使用:15分(Yahoo!ニュース、SmartNews、はてなブックマーク、feedly、Flipboard)
  • メール受信:12回(Gmail、Outlook、OCNメール)
  • YouTube視聴:15分間

バッテリー残量は午前7時から午後8時までの使用で53%でしたので、意外と持ちが良かったです。。

気になったこと

Googleマップのピンチイン・ピンチアウト

Googleマップ利用時のピンチイン・ピンチアウトが上手くいかないと評価されています。

これについては、マルチタップの仕様によるものですので、Googleマップを利用する場合は、画面中心をまたいでピンチイン・ピンチアウトすることで問題なく動作します。

050Plusの送話音量

通常の音声通話は大丈夫ですが、VOIPサービスの050Plusの送話音量が小さくなります。

この場合は「freetel priori2」の050Plusアプリの送話音量を手動で設定変更することで対応できます。ちなみに筆者の場合、送話音量を+3にして利用しています。

f:id:ankopan01:20150304211347p:plain

まとめ

CPU性能は申し分なし

CPUの性能がいいのでストレスなくサクサク動作します。

格安SIMフリースマートフォンとしては高評価に値します。

コスパが最強

およそ1万円で購入できるのでコストパフォーマンスが最強です。

3月5日からはスペックが同じ仕様のLTE版が発売されます。

ただし、こちらは価格が17,800円と割高ですので、3G版「freetel priori2」をオススメします。