あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【Twitter】今さら聞けない・・・でも大丈夫!初心者のための使い方講座

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

以前紹介したとおり、Twitterは見た目シンプルですが、実は多機能なウェブサービスです。

【Twitter】キュレーションアプリは必要なし!情報収集アプリとして使う方法 - あんこぱんのつぶやき

筆者の場合、Twitterは主に情報収集ツールとして使用していますが、様々な使い方があります。

そこで今回は、初心者のためのTwitterの使い方をご紹介します。

Twitter

Twitterとは

ツイートという140文字以内のテキスト情報がウェブ上に配信できるウェブサービス。

d.hatena.ne.jp

iPhone、Androidといったスマートフォンでも利用ができるので、マルチデバイスで利用できます。

Twitterの5つの機能と名称

ツイート

ツイートとは140文字以内の投稿内容のことです。いわゆるつぶやきと言われている文字情報のことです。

スマートフォンからツイートする場合は、画面下の「いまどうしてる?」をタップします。

次に、ツイート内容を文字入力し、ツイートをタップすると投稿されます。

f:id:ankopan01:20150413123510p:plain

フォロー

フォローとは、自身のTwitterアカウントで、他のTwitterユーザーをフォロー(登録)していることです。
お気に入りのアカウントや有名人のアカウントなどをフォローすることで、そのアカウントのツイートが表示されるようになります。

f:id:ankopan01:20150413123644p:plain

フォロワー

フォロワーとは、自身のTwitterアカウントをフォロー(登録)しているアカウントのことです。自身のツイートが、フォロワーの画面に表示されます。

f:id:ankopan01:20150413123715p:plain

タイムライン

タイムラインとは、自身のTwitter上に表示される時系列のツイート(投稿)内容のことです。

新しいツイートが画面上部に表示されます。

f:id:ankopan01:20150413123808p:plain

リツイート

リツイートとは、他のTwitterユーザーのツイートを引用することです。

このリツイートにより、Twitterユーザー間で、情報が拡散される大きな特徴があります。

f:id:ankopan01:20150413123957p:plain

まずは使ってみる

有名人アカウントをフォローする

Twitterをやり始めたときは、とにかく文化人や芸能人などの有名人アカウントをフォローすることをオススメします。

有名人がどのような考え方をしているか、どんなイベント情報が発信されるかなどの情報を知ることができます。

まずは、有名人アカウントをフォローしてみることをオススメします。

参考までに、フォロワー数上位の有名人アカウントは次のとおりです。

ニュースアカウントをフォローする

筆者がメインで利用している方法ですが、Twitterには数多くのニュースアカウントがあります。

このニュースアカウントをフォローすることで、様々な旬なニュースをTwitterから知ることができます。

参考までに、筆者オススメのニュースアカウントは次のとおりです。

リツイートしてみる

有名人やニュースアカウントをウォッチすることに慣れてきたら、それらのアカウントのツイートをリツイート(引用)してみましょう。

リツイートは、フォロワーに対し、情報を伝達できるほか、Twitterを活用した情報の拡散ができます。

ツイートしてみる

ここまでくると、Twitterのイメージができたと思います。

自身の投稿したい内容をツイートしてみましょう。

まとめ

Twitterには今回紹介した機能のほかにも、アカウントへの直接のツイート、それに対しての返信(リプライ)、非公開のダイレクトメッセージ、画像を添付したツイート、動画を添付したツイート、リストの登録、アカウントのミュート・ブロックなどの機能があります。

Twitterは見た目シンプルですが、実は多機能なウェブサービスなのです。最初は、多くの機能をマスターするよりは、今回紹介したベーシックな使い方をしてTwitterに慣れることが大事です。

Twitterに慣れてきたら、自身にあった使い方を模索していくことも面白いと思います。

Twitterを使っていると、ツイートがリツイートされたり、お気に入りに登録されたり、まれに有名人からリプライされることもありますので、まだ、Twitter未体験の方は使ってみてはいかがでしょうか。