あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

ASUS ZenFone2のライバル出現!?Lenovoのレモンスマホとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

はてなブログでも「旬のトピック」で取り上げられたZenFone2ですが、このことからもネット上では大きな反響となっているようです。

国内スマートフォン市場では、昨年からHuawei、ZTE、ASUSといった海外主要メーカーが国内向けにSIMフリースマートフォンを投入し始め、1つのカテゴリーが形成されつつあります。

今年に入り、大きな話題となっているのが、Lenovoの国内スマートフォン市場への参入です。

Lenovo

Lenovoとは

d.hatena.ne.jp

中国系Lenovo Groupのコンピュータブランド。

国内ではNECと合弁会社を設立

NECと合弁会社を設立し、「MADE IN YONEZAWA」ブランドでPCを製造販売しています。

pc.watch.impress.co.jp

Lenovoのスマートフォン事業

Motorolaを買収

2014年1月に、LenovoがGoogleから、スマートフォン事業部門のMotorolaの買収を完了し、大きなニュースになりました。

japanese.engadget.com

このことは、Lenovoが、スマートフォンに力を入れることを表明したことと、スマートフォンの世界シェアを大きく拡大したことを意味します。

世界シェアでは第三勢力を形成

Motorolaを買収したことで、Apple、Samsungに追随する、いわゆる中華スマホ勢として、Xiaomi(シャオミ、小米科技)、Huawei(ファーウェイ、華為技術)と第三勢力となっている状況です。

まさに中華スマホが世界を席巻中といっていいでしょう。

Lenovoの日本市場参入とレモンスマホとは

Lenovoが日本のスマホ市場に参入

今年の3月に「レノボ・ジャパンが国内スマートフォン市場に参入する」との報道がありました。詳しくは2015年半ばから後半にかけて参入する予定です。

www.itmedia.co.jp

オクタコア搭載のレモンスマホは1万円台!

これらの報道を受けて、Lenovoから投入されるスマートフォンの話題が熱くなっています。

news.livedoor.com

その中でも話題となっているスマートフォンが通称「レモンスマホ」です!

3月23日にLenovoから発表されたグローバルモデルのスマートフォンで、画面サイズ、カメラ機能、バッテリー容量ともにZenFone2と同等スペックです。

さらに、レモンスマホはオクタコアCPUを搭載しています。

気になるレモンスマホの、主なスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20150422100038p:plain

レモンスマホ(Lenovo K3 Note)の主なスペック
OS:Android 5.0
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Mediatek MT6752 OctaCore 1.7GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
カメラ:1300万画素(インカメラ 500万画素)
W-CDMA:850/900/1900/2100MHz
LTE:2100(B1)/1800(B3)/2600(B7・38)/1900(B39)/2300(B40)MHz
バッテリー:3000mAh
価格:約18,000円

www.youtube.com

スペックもさることなから、注目は、約18,000円という超破格級の価格で提供されていることです。

あくまでグローバルモデルの価格ですが、それにしてもインパクトがあります。

まとめ

Lenovoのレモンスマホが国内投入されれば、間違いなくZenFone2のライバル機種になると思います。

海外サイトの情報では、レモンスマホのAnTuTuベンチマークは46,000前後となっているので、間違いなくハイスペック機種に位置付けられると思います。

参考:AuTuTuベンチマーク比較

  • レモンスマホ(Lenovo K3 Note):46,000前後
  • ASUS Zenfone 2(Atom Z3580 Quad Core 2.3GHz):49,000前後
  • ASUS Zenfone 2(Atom Z3560 Quad Core 1.8GHz):37,000前後

※いずれもグローバルモデルのスコアです。

Apple iPhone6 PlusのAnTuTuベンチマークが46,000前後となっているので、1万円台で同等スペックとなれば、かなりのインパクトがあります。

Lenovoの国内スマートフォン市場への参入はほぼ確定ですが、レモンスマホの投入はあくまで噂です。

しかしながら、レモンスマホが国内投入されれば、ハイスペックで低価格という、これまでにないスマートフォンとして、市場にはかなりのインパクトを与えることが予想されます。

Androidタブレットでは、YOGAシリーズでSIMフリーデバイスを投入しているだけに、個人的にもレモンスマホの国内投入を切に願っているので、レノボ・ジャパンの頑張りに期待したいと思います。