あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

遂に発売日が決定!気になるスマホ、MADOSMA Q501のスペックとは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

今週は、WindowsPCにWindows10の無料アップデート通知がありました。筆者の2台のWindows7搭載のノートPCにも通知があったところです。

今年はこのWindows10が発売されるため、PC市場は大きな賑わいを見せることでしょう。また、このWindows10はPCのほか、タブレット、スマートフォンに対応されるため、大きな注目を浴びています。

このような中、マウスコンピューターからWindows8.1搭載LTE対応のSIMフリースマートフォン「MADOSMA Q501」の発売アナウンスがありました!

MADOSMA Q501

MADOSMA Q501とは

マウスコンピューターが製造販売するWindow8.1 Update搭載のLTE対応SIMフリースマートフォン。
クアッドコアCPU、5インチHD液晶、800万画素のメインカメラを搭載。2015年6月18日に発売予定。

マウスコンピューターとは

d.hatena.ne.jp

株式会社MCJの純粋持ち株会社移行に伴い、パソコン関連事業の専門会社として2006年10月2日に新設された。
傘下に事業部としてiiyamaがある。

MADOSMA Q501のスペック

気になるMADOSMA Q501のスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20150603203332p:plain

MADOSMA Q501のスペック
OS:Windows8.1 Update
画面:5インチ 1280×720
CPU:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 QuadCore 1.2GHz
RAM:1GB
ROM:8GB ※16GBのmicroSDカード同梱
メインカメラ:800万画素
インカメラ:200万画素
W-CDMA:2100(1)/900(8)/800(6,19)MHz
LTE:2100(1)/1800(3)/800(19)MHz
バッテリー:2300mAh
SIMタイプ:microSIM
価格:33,800円

ストレージ容量が8GBで少なめです。最低でも16GBは欲しかったところです。ちなみに販売パッケージには16GBのmicroSDカードを同梱するとのこと。

モバイルネットワークの対応周波数は、NTTドコモのFOMAプラスエリアのB6、そしてプラチナバンドLTEのB19に対応しているので、NTTドコモのネットワークをくまなく利用できます。モバイルネットワークについては合格点です。

まとめ

今年はマウスコンピューターのMADOSMA Q501のほかに、freetelからもWindows Phoneが発売予定です。こちらのWindows Phoneも要チェックです!

なお、MADOSMA Q501は、既にマウスコンピューターの直販サイトで初日販売ロッドが売り切れとなるほど人気のようです。注目度の高さがうかがえます。

しかしながら、発売モデルはWindows8.1 Updateで、最新OSのWindows10へのアップデート対応の言及がないことが少し不安材料。このWindows10へのアップデート対応が購入の大きな判断材料になるはずです。

プレスリリースでは、Windows8.1 Update搭載モデルのほか、Windows10搭載モデルも出品していたので、Windows10へのアップデート対応の可否がとても気になるところです。

格安SIMフリースマートフォン市場では、Androidが一歩リードしている状況です。この牙城を崩すには相当のインパクトが必要になります。MADOSMA Q501を価格比較すると、Androidスマートフォンのgooのスマホg03と同価格帯です。スペックに的には明らかにgooのスマホg03の方が上になるので、判断が分かれると思います。

個人的には、freetelのWindows Phoneと比較検討したいので、今回は様子見とします。