あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

価格は据え置き!さらにお得な、gooのスマホのセットモデルが登場

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

格安SIMフリースマートフォンで人気なのが、中国製、台湾製のいわゆる中華スマートフォンです。

筆者もこれまで、Huawei IDEOS、ASUS FonePad LTE7、ZTE Blade Vec 4Gを利用してきました。そして現在は、ZTE Blade L3ベースのgooのスマホg01を利用しています。

この中華スマートフォンの大きな特徴がミドルスペックで低価格ということです。

この低価格スマートフォンをさらにお得に購入できるgooのスマホのセットモデルが期間限定で発売されました。

gooのスマホ

gooのスマホとは

NTTレゾナントが提供する「goo」ブランドを冠したスマートフォン。
ZTE製の3つのモデルのスマートフォンが提供されている。

ZTE

www.sophia-it.com

ZTEとは、1985年に中国の深圳(シンセン)で設立された通信機器(端末)メーカーである。

お得なセットモデルとは

今回発売されたお得なセットモデルは、「NTT Com LINE 公式アカウント 友達1000万人突破記念セット」で、gooのスマホに保護シート、キャラクター「りす太」が大切にしている「メグたん」のグッズがセットになった商品です。

f:id:ankopan01:20150605083439p:plain

この商品には、OCNモバイルONEの音声通話SIMの契約も付属し、価格が据え置かれたお得セットとなっています。

g01(ZTE Blade L3)

g01はZTE Blade L3ベースの3G専用の格安SIMフリースマートフォンです。

g01(ZTE Blade L3)のスペック
OS:Android 5.0
画面:5インチ 854×480
CPU:MediaTek MT6582M QuadCore 1.3GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
カメラ:500万画素(インカメラ 200万画素)
W-CDMA:800(B6・B19)/2100(B1) MHz
バッテリー:1850mAh
SIMスロット:デュアル標準SIM
価格:10,000円(税抜き)

g02(ZTE Blade S Lite)

g02はZTE Blade S LiteベースのLTE対応のSIMフリースマートフォンです。

g02(ZTE Blade S Lite)のスペック
OS:Android 5.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:Snapdragon 410 MSM8916 QuadCore 1.2GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
カメラ:800万画素(インカメラ 500万画素)
W-CDMA:800(B6・B19)/2100(B1) MHz
LTE:800(B19)/1700(B3)/2100(B1)MHz
バッテリー:2400mAh
SIMスロット:デュアルnanoSIM
価格:20,000円(税抜き)

g03(ZTE Blade S)

g03はZTE Blade SベースのLTE対応のSIMフリースマートフォンです。

g03(ZTE Blade S)のスペック
OS:Android 5.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:Snapdragon 615 (MSM8939) OctaCore 1.5GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
カメラ:1300万画素(インカメラ 500万画素)
W-CDMA:800(B6・B19)/2100(B1) MHz
LTE:800(B19)/1700(B3)/2100(B1)MHz
バッテリー:2400mAh
SIMスロット:デュアルnano SIM
価格:30,000円(税抜き)

まとめ

筆者のオススメはg03です。オクタコアのCPUに、1300万画素のメインカメラ、2400mAhのバッテリーを搭載しています。モバイルネットワークもFOMAプラスエリアのB6、プラチナバンドLTEのB19に対応しているので申し分ありません。

ハイスペックのLTE対応SIMフリースマートフォンとしては破格の30,000円で、かなりコストパフォーマンスが高いと思います。

このセットモデルには、OCNモバイルONEの音声通話SIM契約が付属するので、格安にスマートフォンを運用するためのお得感の高い商品です。

また、OCNモバイルONEの音声通話には、050Plusの1回線を月額料金無料で利用できるので、1台のスマートフォンで音声通話と050Plusを合わせた2回線を利用できます。

なので、音声通話はプライベート用、050Plusはビジネス用といった使い分けもできます。

050Plusは、筆者が利用しているgooのスマホg01でも、問題なく3G通信でも通話ができるので、ZTE製のスマートフォンとの相性も抜群です。

ちなみにSIMタイプは、g01が標準SIMで、g02とg03がnanoSIMとなります。また、こちらの商品の取り扱いは、6月3日から6月15日までの期間限定となりますので、購入の際はご注意ください。

なお、gooのスマホg01は、当ブログのレビュー記事「gooのスマホg01レビュー、050Plusとの相性が抜群!データ通信SIMで格安運用も可能です」も併せて参考にしてください。

【g01】050Plusとの相性が抜群!データ通信SIMで格安運用も可能です - あんこぱんのつぶやき