あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

3Gでもあなどれない!MVNOの2強で、3G通信だけの速度調査をしてみました

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

前回の記事「1万円で買えるスマートフォン!意外と使える、3G専用の格安SIMフリースマートフォン3選」では、3G専用の格安SIMフリースマートフォンをご紹介しました。

1万円で買えるスマートフォン!意外と使える、3G専用の格安SIMフリースマートフォン3選 - あんこぱんのつぶやき

この記事の中でも紹介しましたが、筆者が利用しているMVNOの2強と言われている「OCNモバイルONE」と「IIJmio」のデータ通信SIMでは、3G回線といってもそこそこの通信速度が出ています。

そこで今回は、3Gでもあなどれない!と題して、MVNOの2強で、3G通信だけの速度調査の結果をご紹介します。

MVNOの2強とは

MVNOの2強とはは、MVNOサービスのシェアと品質から、「OCNモバイルONE」と「IIJmio」になります。

www.itmedia.co.jp

ちなみに筆者は、音声通話SIMは「OCNモバイルONE」、そしてデータ通信SIMは「OCNモバイルONE」と「IIJmio」の両方を利用しています。

3G通信だけの速度調査

調査環境

実際の速度調査では2台の3G専用格安SIMフリースマートフォンに、それぞれ「OCNモバイルONE」と「IIJmio」のデータ通信SIMを装着し、速度計測アプリの「Speedtest.net」で速度調査を行いました。

f:id:ankopan01:20150615215202p:plain

調査環境

MVNO:OCNモバイルONE

  • 機種:gooのスマホg01
  • 計測期間:2015年6月15日、6時台~18時台
  • 計測アプリ:Speedtest.net

MVNO:IIJmio

  • 機種:Covia FLEAZ F4
  • 計測期間:2015年6月15日、6時台~18時台
  • 計測アプリ:Speedtest.net

速度調査の比較は、それぞれダウンロードとアップロードの速度を計測し、その平均速度を算出して比較します。

調査結果

「OCNモバイルONE」と「IIJmio」の3G通信の速度調査の結果は次のとおりです。

f:id:ankopan01:20150615213953p:plain

平均速度はダウンロード、アップロードともに、「OCNモバイルONE」が速い結果となりました。

「OCNモバイルONE」はLTEと3GとそれぞれAPNがあるので、その影響も少なからずあると思います。

また、どちらのサービスも回線が混みあう12時台と18時台は遅くなる傾向がありますが、ダウンロードの平均値は1Mbps超なので、実用レベルです。

ただし、アップロードが全体的に遅いので、画像の送信や重いファイルを送信する場合は、少しストレスを感じるかもしれません。

まとめ

回線が混みあう時間帯はどちらのサービスも速度が遅くなりましたが、比較的、安定した速度が出ています。メール、メッセンジャー、キュレーションなどのアプリも問題なく利用ができます。

今回、回線が混みあう12時台に050Plusで通話をしてみましたが、問題なく相手と会話ができました。これについては、速度というより、050Plusの技術力の高さを評価すべきかもしれませんが・・・

なお、計測期間が半日だけなので、この結果が全てではないと思うので、あくまで参考データとしてください。

しかしながら、3G回線だけでもかなり実用的な速度でしたので、個人的にも少し驚いています。今回の結果を受け、ますます3G専用格安SIMフリースマートフォンへの愛着が増した感じがしています。

これからMVNOで格安SIMフリースマートフォンの導入を検討の方は、通信速度の参考データとしてご活用ください。