あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【低山登山】下山後に直ぐ入浴できる岩手県久慈平岳

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

6月は仕事やプライベートで少し忙しかったので、当初の予定より、低山登山ができませんでした。

6月23日が仕事が休みでしたので、およそ1か月ぶりにホームマウンテンに登山してきました。

そこで今回は、低山登山してきました!と題して、下山後に直ぐ入浴できる、岩手県の久慈平岳をご紹介します。

久慈平岳

岩手県洋野町に位置する低山。標高706.3m。
筆者がホームマウンテンとしている低山です。

低山登山レポ:久慈平岳 2015/06/23

2015年6月24日(火)は仕事が休みでしたので、岩手県の久慈平岳に単独登山に行ってきました。当日は曇り空で、山もガスがかかっており、6月でしたが比較的登山しやすい気温でした。

  • 午前9時45分頃に「アグリパークおおさわ」の駐車場に到着。準備完了後、駐車場から登山道入り口までの800mの舗装路を歩きます。途中、とてものどかな風景に遭遇します。

f:id:ankopan01:20150624215443j:plain

  • 「久慈平岳登山道入口」の看板の左側から登山道に入ります。山頂まで2,415m地点です。

f:id:ankopan01:20150624215703j:plain

  • 登山道はこのように綺麗に整備されているので、とても歩きやすいです。

f:id:ankopan01:20150624215736j:plain

  • 5合目付近の舗装道路横断地点に、遊歩道案内図があります。

f:id:ankopan01:20150624215809j:plain

  • 左右を確認して舗装道路を横断すると、「久慈平岳登山道入口」の看板があるので、左側から登山道に入ります、山頂まで1,540m地点です。

f:id:ankopan01:20150624215842j:plain

  • ここからは少し勾配がきつくなるので、ところどころ休憩をはさみ、呼吸を整えながら登ります。途中「思案坂」があります。色々と思案しましたが、いいアイデアが浮かばなかったので先に進むことにします。

f:id:ankopan01:20150624215927j:plain

  • 6合目付近に「見返り坂」があります。眼下にスタート地点の「アグリパークおおさわ」が見えます。

f:id:ankopan01:20150624215957j:plain

f:id:ankopan01:20150624220037j:plain

  • 7合目付近で山頂方面の左側に進みます。

f:id:ankopan01:20150624220107j:plain

  • 8合目付近に「望洋平」があります。曇り空とガスで天望はイマイチでしたが、ここまでくれば山頂までもうひと踏ん張りです。

f:id:ankopan01:20150624220138j:plain

f:id:ankopan01:20150624220205j:plain

  • アグリパークおおさわから約1時間30分で山頂に到着しました。

f:id:ankopan01:20150624220228j:plain

  • 山頂は天気が良い日は太平洋を望むことができる絶景ポイントですが、曇り空とガスで素晴らしい景色はお預けとなりました。

f:id:ankopan01:20150624220302j:plain

  • 山頂には東屋があるので、昼食と水分補給をしながら、しばし休憩をとりました。当日は私一人だけの貸し切り状態でした。

f:id:ankopan01:20150624220327j:plain

今回の山行は、休憩、昼食を合わせて約2時間半でした。距離・時間ともにちょうどよい低山なので、家族登山もできます。

登山ルート

 今回の久慈平岳の登山ルートは、アグリパークおおさわからの最短ルートです。GPSログからの登山ルートは次のとおりです。

まとめ

今回の久慈平岳登山は、アグリパークおおさわから最短ルートです。往復で7.11kmでした。その他にも複数の登山ルートがあるようなので、別の機会にチャレンジしたいと思います。

野鳥が多い低山で、野鳥のさえずりを聞きながら登山できます。野鳥観察しながら登山することも面白いと思います。

なお、久慈平岳には、道中に飲料水を飲める施設がないので、登山の際は、多めの飲料水と食料を準備するようにしてください。

ちなみに、今回の発着地点のアグリパークおおさわには、入浴施設と飲食施設があるので、下山後は直ぐに入浴できます。

駐車場に車を止めて久慈平岳登山をし、下山後に入浴してから昼食をとるプランもありだと思います。

また、距離的に小学生の登山もできるので、家族登山ができる低山としてオススメします。