あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

SAMURAI MIYABIに大注目!freetelの新製品で気になったのはWindows PhoneよりAndroidスマホ

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

2015年6月22日にfreetelの新製品が発表になりました。注目は間違いなくWindows Phoneの「KATANA」でした。

このWindows Phoneは最新OSのWindows10を搭載し、早い時期に投入するとコメントがあり、大きな盛り上がりを見せました。

個人的には、同時に発表されたAndroidスマートフォンの「MIYABI」「KIWAMI」に注目しています。

freetel

freetel(フリーテル)

日本のSIMフリースマートフォンメーカー。
格安SIMフリースマートフォンを中心に国内展開している。1万円で購入できるSIMフリースマートフォンのfreetel priori2が人気機種。

freetel mobileはfreetelが通信サービスを展開しているMVNOサービス。

Androidフラグシップモデル「SAMURAI」シリーズ

freetelが世界展開も視野に入れたAndroid OSのフラッグシップモデルシリーズが「SAMURAI」です。
今回このSAMURAIからは、2つのAndroidスマートフォンが発表がされました。製品概要は次のとおりです。

SAMURAI MIYABI

f:id:ankopan01:20150625213009p:plain

SAMURAI MIYABIのスペック
OS:Android 5.0
CPU:Quad Core
画面:5インチ HD IPS
RAM:2GB
ROM:32GB
カメラ:背面1300万画素
バッテリー:2200mAh  
W-CDMA:B1,B6,B19
LTE:B1,B3,B8,19 
価格:19,800円

このスペックで19,800円はかなりコストパフォーマンスが高いです。同じfreetelのfreetel priori2 LTEと同価格帯です。スペック比較ではSAMURAI MIYABIが上です。ライバル機種はgooのスマホg02、ZTE Blade Vec 4G、ASUS ZenFone5あたりになります。

SAMURAI KIWAMI

f:id:ankopan01:20150625213108p:plain

SAMURAI KIWAMIのスペック概要
OS:Android 5.0
CPU:Octa Core
画面:6インチ
価格:未定

詳細が発表されていないので、何とも言えませんが、Huawei Ascend Mate7あたりがライバル機種になりそうです。この機種については追加の情報を待ちましょう。

まとめ

最近のfreetelは格安SIMフリースマートフォンメーカーとしてかなり攻めています。freetel priori2のヒットにより一皮むけ、freetel mobileによりもう一皮むけたようです。

7月15日からはfreetel mobileにおいて、NTTドコモのL2に対応予定で、MVNOサービス向上にも力を入れています。

今回の新製品発表では、freetel priori2のAndroid5.0対応についてアナウンスさたので、個人的にはこちらのニュースも驚きました。

freetel priori2は1万円で購入できる格安SIMフリースマートフォンの筆頭です。とてもバランスのとれた素晴らしい格安SIMフリースマートフォンです。

1万円で買えるスマートフォン!意外と使える、3G専用の格安SIMフリースマートフォン3選 - あんこぱんのつぶやき

あのサクサク感がたまらないfreetel priori2のAndroid5.0対応がとても楽しみです。