あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

ホントなら興味津々!国内発売の噂のある、ASUS ZenFone Goのスペックを調べてみました

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、3G専用格安SIMフリースマートフォンは3台所持している、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

国内販売されているSIMフリースマートフォンは、3G専用とLTE対応の機種があります。その中でもLTE対応機種で人気となっているのが、ASUSのZenFoneシリーズです。

昨年末に発売されたZenFone5、そして今年発売されたZenFone2も国内でヒットを飛ばしています。

今、一番乗りに乗っているSIMフリースマートフォンと言えるでしょう。

このような状況の中、Gizmodoから次のようなニュースが配信されました。

www.gizmodo.jp

そこで今回は、この噂の機種ASUS ZenFone Goのスペックをご紹介します。

1.ASUS

d.hatena.ne.jp

台湾に本拠をおく、コンピュータ関連を主とする企業「ASUSTeK Computer(華碩電脳)」のブランド。

自作が一般的に行われ始めたころからパーツを提供していたことで有名。製品のつくりはしっかりしていて評判も非常によい。

メーカーにもOEMでパーツを提供しており、VAIOやエプソンダイレクトもASUSマザーを採用している。
総合エレクトロニクスメーカーを志向し、自社ブランドによる完成品の販売も手がけるようになり、2007年には199ドルノートパソコンの「Eee PC」をヒットさせた。

2.噂のモデルは「ZenFone Go ZC500TG」

Gizmodoのニュースでは、「ZenFone Go ZC500TG」が国夏発売されるのではないかとされています。気になるスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20150706201629p:plain

ZenFone Go ZC500TGのスペック
OS:Android5.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:Mediatek QuadCore
RAM:2GB
ROM:8GB
カメラ:800万画素(メイン)

対応周波数、バッテリー容量、SIMタイプが不明ですが、5インチのHD液晶、2GBのメモリ、8GBのストレージ容量、800万画素のカメラが搭載されているので、3G専用機種としては現在発売されている機種よりスペックが上になります。

アメリカでの価格が155ドルなので、日本円ですと19,800円程度になります。

freetelがLTE対応SIMフリースマートフォンのSAMURAI MIYABIを19,800円で発売するとアナウンスしているので、これより安価に提供しないと厳しいと思います。

www.ankopan.com

3.まとめ

今回の噂は、3G専用格安SIMフリースマートフォンユーザーとしては、とても気になるニュースです。

これまでの機種より、スペックが上になります。特にHD液晶と800万画素のカメラが大きな特徴です。

スペックどおりであれば、メインで利用できるスマートフォンになります。

www.ankopan.com

NTTドコモ系MVNOの2強の「OCNモバイルONE」「IIJmio」のSIMは3G回線でもそこそこの通信速度がでるので、実はバッテリー持ちの良い3G専用スマートフォンの機能性はとても高いのです。

情報が噂のレベルなので何とも言えませんが、もし、国内投入されるのであれば、とてもインパクトが高い機種になります。

個人的には、価格設定が大きな要素ですが、注目機種としてマークすることにします。