あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

これ欲しいな!気になる2in1ノートPCがあったので、スペックを調べてみました

スポンサーリンク

どうもこんにちは、FREETEL Simpleの初回ロットが完売で早く来い来いSAMURAI MIYABIと思っているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

以前の記事で、コスパ最強のWindowsタブレットを紹介しました。

www.ankopan.com

個人的に最近、やはりブログの更新を出先でするPCが必要なので、Windowsの2in1ノートPCが気になっています。

これまでは「タブレットのなの?」「PCなの?」と、ちょっと中途半端だなと思っていましたが、店頭でマウスコンピューターの2in1ノートPCを触ってみて考えが変わりました。

それほどに完成度が高かったのです!

そこで今回は、これ欲しいな!と題して、気になる2in1ノートPCのスペックを調べてみます。

1.2in1ノートPC

1台でタブレットとしてもノートパソコンとしても利用できるモバイルデバイス。

2.狙いはWindows8.1でMicrosoftOffice搭載モデルの「Acer Aspire Switch 10E」

個人的な狙いはOSがWindows、仕事でも使えるようMicrosoftOffice搭載、長時間駆動が可能なモデルです。

この条件をもとに調査した結果、「Acer Aspire Switch 10E」がスペックと価格のバランスが良く気に入りました。

気になる「Acer Aspire Switch 10E」のスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20150825220116p:plain

Acer Aspire Switch 10Eのスペック
OS:Windows 8.1 with Bing 32Bit
画面:10.1インチ IPS 1280×800
CPU:Intel Atom Z3735F QuadCore 1.33GHz
メモリ:2GB
eMMC:64GB
HDD:500GB
バッテリー駆動:約12時間

キーボードドックに500GBのHDDを搭載しているので、仕事の利用でも大容量のファイルを取り扱うことができます。

また、インターフェースとしてはMicroSDカードスロット、MicroHDMI出力ポートを備えているので、ディスプレイを利用したプレゼンも可能です。

充電がAndroidスマートフォンと同じMicroUSBポートからできるので、ケーブルをスマートフォンと相互利用できることも大きなポイントです。

3.まとめ

2in1ノートPCは、モバイルパソコンとしても利用できますし、キーボードドックから切り離し、Windowsタブレットとしても利用できます。

出先でも、スマートフォンのテザリングを利用することで、ブログ更新をすることができます。

また、キーボードドックには500GBのHDDを搭載しているので、大容量ファイルも利用できるので、個人用途のほか、仕事用としても活用できます。

2in1ノートPCの大きな魅力が、タブレットとしてもノートPCとしても利用できることです。

筆者の場合、旅行先でもブログを更新したい場合があるので、モバイルPCの購入を検討していましたが、2in1ノートPCも購入候補となりました。

この「Acer Aspire Switch 10E」は、MicrosoftのSurfaceシリーズと比較し、とてもお手頃価格なので、購入候補としてチェックすることにします。

2in1ノートPCは、様々な利用形態にマッチするデバイスの候補の筆頭なので、Windows10の普及により、プチヒットすることも可能性としてはあると思います。