あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

テナントで大活躍!?低価格でフリースポットを構築できる無線LANルーターあります

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、無線LAN機器に囲まれて生活しているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

最近ではコーヒーショップやコンビニなど、様々なところで公衆無線LANが利用できるようになりました。

筆者の在住する北三陸でも、ドラックストア、カーディーラー、そして、公共施設までもが公衆無線LANを利用できます。

利用者からするととても便利なサービスですが、小規模店舗やテナントを出店する場合、この公衆無線LANの設置費用が1つのネックです。

光やADSLのブロードバンド環境は整備してあるが、設置費用が数万円かかるほか、プライベートネットワークとのセキュリティも心配です。

そこで今回は、テナントで大活躍!?と題して、低価格でフリースポットを構築できる無線LANルーターをご紹介します。

1.公衆無線LAN

公衆無線LAN - Wikipedia

公衆無線LAN(こうしゅうむせんラン)とは、無線LANを利用したインターネットへの接続を提供するサービスを指す。そのアクセスポイントから受信できる場所を、無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポットなどと呼ぶ。一つのアクセスポイントから受信できる範囲は半径20m程度。

2.低価格でフリースポットを構築できる無線LANルーター「PLANEX MZK-750DHP2」

「PLANEX MZK-750DHP2」は、プライベートネットワークとフリースポットネットワークを分離して提供できる無線LANルーターです。

f:id:ankopan01:20151001212139p:plain

11ac/n/a/g/bに対応した無線LANルーターのベーシックモデルで最大433Mbpsの通信速度を実現しています。しかも、店舗Facebookページに利用者を誘導できる「URLリダイレクト機能」を搭載してます。

また、WiFiデバイスの可視化と接続管理ができる「PLANEX 見えルンです!」が利用できます。

f:id:ankopan01:20151001212303p:plain

さらに、実売価格が5,000円程度なので、光やADSLのブロードバンド環境があれば、安価にフリースポット環境を構築できます。

特に店舗や施設のFacebookページがあると「URLリダイレクト機能」で顧客へPRすることもできるので、小規模店舗やテナントを出店している場合、小さな投資でフリースポットを構築し、Facebookページのフォロワーを獲得することも可能です。

3.まとめ

今回紹介した無線LANルーター「PLANEX MZK-750DHP2」は、小規模店舗やテナントなどへの設置のほか、自宅で導入するメリットもあります。

自宅にお友達や来客があった場合、無線LANの環境はあるがプライベートネットワークへの接続はちょっと困ると思うことありませんか?

筆者も親戚や友達が遊びにきたときに、「無線LANある?」と言われることが度々あります。

このような場合、この「PLANEX MZK-750DHP2」ですと、もう1つフリースポットネットワークがあるので、そちらのネットワークに接続して利用させることが可能です。

この機能があることから、筆者宅では無線LANルーターは歴代PLANEXのものを導入しています。

とても使い勝手が良いので、個人的にもオススメですので、無線LANルーターの購入を検討の方は参考にしてください。

それではまた。