あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【SAMURAI MIYABI】ベンチマークテスト

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、やっとFREETEL SAMURAI 雅のセットアップが終了したブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

昨日ゲットしたSAMURAI 雅にバックアップしていたアプリのセットアップが完了しました。

www.ankopan.com

スマートフォンの機種変更時のアプリ移行では、やはりPC版iTunesが利用できるiOSのほうが便利です。

Androidアプリが簡単に移行できるPC用バックアップソフトがあれば、ヒットすると思うんですが・・・

話が脱線してしまいましたが、今回はSAMURAI 雅のプチレビューその2として、ベンチマークテストをします。

1.CPUはQualcommではなくMediaTek

以前の記事でも紹介しましたが、CPUはQualcommではなくMediaTekとのこと。

www.ankopan.com

そこでAnTuTu BenchmarkでCPUを確認すると、ご覧のとおりMediaTek MT6735でした。

f:id:ankopan01:20151121180605p:plain

このMediaTek MT6735は、Cortex-A53 を4つ搭載した64bit対応のCPUで、ミドルスペック機種をメインとし、1300万画素のカメラをサポートしています。

海外サイトでのベンチマークテストでは、Qualcomm Snapdragon 410の上をいくとの結果があるので、Snapdragon 410を搭載したASUS ZenFone2 Laserとのベンチマーク比較も実施します。

www.ankopan.com

2.ベンチマークテスト

今回もベンチマークテストはAnTuTu Benchmarkで実施しました。

f:id:ankopan01:20151010072011p:plain

気になるベンチマークテストは次のとおりです。

FREETEL SAMURAI 雅:26157ポイント

f:id:ankopan01:20151010073010p:plain

ASUS ZenFone2 Laser:21777ポイント

f:id:ankopan01:20151010073049j:plain

ご覧のとおりMediaTek MT6735を搭載したSAMURAI 雅のほうが、Qualcomm Snapdragon 410を搭載したZenFone2 Laserより良い結果を叩き出しました!

この結果には少し驚きです。

3.まとめ

今回のベンチマークテストの結果からスコア的にもFREETEL SAMURAI 雅のポテンシャルの高さがわかりました。

19,800円のLTE格安SIMフリースマートフォンでありながら、実用十分なCPU能力を兼ね揃えている素晴らしい機種として評価できます。

1300万画素のメインカメラ、32GBのストレージ容量があるので、間違いなくメインで利用できるスマートフォンです。

次回はプチレビューその3として、バッテリー持続時間の調査結果を掲載する予定ですので、ご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com