あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【Priori3 LTE】ベンチマークテスト

スポンサーリンク

どうもこんにちは、格安SIMフリースマートフォンが大好きなブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

遂に発売されたFREETEL Priori3 LTEですが、たくさんのブロガーがレビュー記事をエントリーしており、ちょっとしたお祭り状態です。筆者もレビュー記事をエントリーしています。

www.ankopan.com

Priori2より格段にスペックアップしており、評価も上々です。

そこで今回はFREETEL Priori3 LTEのプチレビューその2と題して、ベンチマークテストをします。

CPUはMediaTek製

AnTuTu BenchmarkでCPUを確認すると、ご覧のとおりMediaTek MT6735Mでした。

f:id:ankopan01:20151121175633p:plain

SAMURAI 雅はMediaTek MT6735を登載しています。MT6735はミッドレンジ機種向けに1300万画素のカメラをサポートしています。

そしてPriori3 LTEはMediaTek MT6735Mを搭載しています。MT6735Mはエントリー機種向けに800万画素のカメラをサポートしています。

Priori3 LTEのMT6735Mは、定評があるMT6735の兄弟CPUだけに期待が高まります。

ベンチマークテスト

今回のベンチマークテストはCPUチェックで利用したAnTuTu Benchmarkです。Androidの「提供元不明のアプリ」をONにして64bit版をインストールしてスコア計測を行います。

f:id:ankopan01:20151121092157p:plain

ベンチマークアプリ:AnTuTu Benchmark

f:id:ankopan01:20151121091854p:plain

ベンチマークテスト結果

気になるベンチマークテスト結果は次のとおりです。

f:id:ankopan01:20151121091939p:plain

ご覧のとおり20617ポイントを叩き出しました。

ちなみにSAMURAI 雅が26000前後、ASUS ZenFone2 Laserが21000前後なので、格安スマートフォンとしては上出来といえるスコアです。

www.ankopan.com

まとめ

予想以上のベンチマークテストの結果に少し興奮気味です。

12,800円のLTE対応格安SIMフリースマートフォンでありながら、実用的なCPU能力を兼ね揃えている機種として評価できます。

Priori2よりCPU性能もスペックアップしています。バッテリー容量もPriori2より容量アップしているので、バッテリー持続時間も気になるところです。

次回はプチレビューその3として、気になるバッテリー持続時間の調査結果を掲載する予定ですのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com