あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

とても簡単、Windowsのペイントで画像に図形を挿入する方法

スポンサーリンク

どうもこんにちは、画像編集はWindowsのペイント一択のブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

これまで2回ほどWindowsのペイントの使い方をご紹介しました。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

 

そこで今回は第3回目として、Windowsのペイントで画像に図形を挿入する方法をご紹介します。

ペイント

ペイントの概要:Microsoft
Windowsにデフォルトで搭載されているペイントソフト。描画、色付け、画像の編集ができるできる多機能ペイントソフト。

Windowsのペイントで画像に図形を挿入する方法

それではペイントで画像に図形を挿入する方法をご紹介します。

  • ペイントを起動し、「ファイル>開く」から画像ファイルを開きます。

f:id:ankopan01:20151203202148p:plain

  • 輪部の色(色1)と、塗りつぶしの色(色2)を選択します。

f:id:ankopan01:20151203202334p:plain

  • 挿入したい図形を選択します。

f:id:ankopan01:20151203202538p:plain

  • 挿入したい箇所にカーソルで図形を設置します。

f:id:ankopan01:20151203202840p:plain

画像に図形を挿入できました。ちなみに塗りつぶしの色をなしにすると輪部のみの図形を挿入することができます。

f:id:ankopan01:20151203203008p:plain

まとめ

ブログや資料などの画像に図形を入れたい場合に利用できる方法です。

Windowsにデフォルトで搭載されているペイントは、Windows7のバージョンから多機能になり、このようにちょっとした画像編集ができるようになりました。

慣れてくるとアイデアしだいで、様々な使い方ができます。

ベーシックなトリミングや図形の挿入だけでも、説明用の画像を作成することができます。

特にビジネス環境では、Windowsのパソコンが多いので、覚えていると便利です。

ちなみに、Windowsスタートメニューのアプリ一覧の「Windowsアクセサリ」にペイントがあります。

お子さんのお絵かきソフトとしても利用できますので参考にしてください。

それではまた。