あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

これも驚き、ZenFone Zoomの光学3倍のカメラユニットはHOYA製のようです

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ASUS ZenFone2 Laserがお気に入りのブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

以前の記事でお伝えした光学3倍ズームのカメラを搭載したZenFon2 Zoom。

www.ankopan.com

多くの反響があるようで、最近の人気の記事になっています。

この話題のZenFone Zoomのカメラについて少し調べてみました。

するとなんと、光学3倍のカメラユニットはHOYA製のようです。

ASUS ZenFone Zoom

光学3倍ズームのカメラを搭載しているスマートフォン。12月3日に台湾で発売され、日本国内での発売が噂されている。

f:id:ankopan01:20151205213917p:plain

ASUS ZenFone Zoomのスペック
OS:Android 5.0
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Intel Atom Z3580 QuadCore 2.33GHz
RAM:4GB
ROM:64GB or 128GB
メインカメラ:1300万画素(レーザーオートフォーカス)、光学3倍ズーム
インカメラ:500万画素
SIMタイプ:microSIM×2(デュアルSIM)
W-CDMA:B1、2、5 、 6、8
LTE:B1、2、3、4、5、7、8、9、18、19、28
バッテリー:3000mAh

光学3倍のカメラユニットはHOYA製

ASUSの台湾のウェブサイトには、カメラユニットはHOYA製とされています。

www.asus.com

f:id:ankopan01:20151207074416p:plain

HOYA

d.hatena.ne.jp

HOYA株式会社は、総合光学機器メーカー。本社は東京都新宿区中落合におく。

このHOYA製のカメラユニットが、デジタルカメラのようにレンズが飛び出すことなく、光学ズームができる仕様になっています。

この技術力を支えているのが、HOYA製のカメラユニットです。

まとめ

このスマートフォンが日本国内で発売されれば大ヒット間違いなしというくらいインパクトがあります。

なぜ、国内メーカーからこのようなスマートフォンが出ないのか残念です。

最近のスマートフォンでは台湾メーカー、中国メーカーの機種が人気です。たしかに価格が安いことも1つの要因ですが、それ以上にデバイスとして魅力的な機能があるからです。

国内メーカーのスマートフォンは、どうしても防水、電子マネー、大容量バッテリーの搭載から脱却できていない印象があります。

もう少し冒険した機能を搭載したスマートフォンが出てくれば面白いと思うんですが。

それではまた。