あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

ハイエンドモデル登場、両面に1300万画素のカメラを搭載した、gooのスマホg05のスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、インカメラもここまで来たかと思っているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

今年はNTTコムストアからgooのスマホがリリースされました。

春先からg01、g02、g03が一斉に発売されたほか、ついこの間もSHARP製のg04が発売され話題になりました。

今年はこれで最後かと思っていたところ、なんと、ハイエンドモデルのgooのスマホg05が登場したのです!

gooのスマホ

NTTレゾナントの製造販売するSIMフリースマートフォン。

直販サイト「goo Simseller」で販売されている。

gooのスマホg05のスペック

今回登場したg05はベースがZTE Blade S7のハイエンドモデルです。

メインカメラ、インカメラともに1300万画素を搭載しているほか、オクタコアCPUと32GBのストレージ容量を搭載しています。

最近ニーズの高いセルフィ(自撮り)仕様なSIMフリースマートフォンとなっています。

本来価格が49,800円のところ、「goo Simseller」において、音声通話付きSIMとのセット価格39,800円で登場しました。

気になるgooのスマホg05のスペックは、次のとおりです。

f:id:ankopan01:20151208142612p:plain

gooのスマホg05のスペック
OS:Android 5.1.1
画面:5インチ 1920×1080
CPU:MSM8939 WTR4905 octacore 1.5GHz
RAM:3GB
ROM:32GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:1300万画素
SIMタイプ:microSIM/nanoSIM
W-CDMA:B1/B6/B9/B19
LTE:B1/B3/B8/B19
バッテリー:2500mAh
価格:39,800円

カラーバリエーションがシトラス、ブラック、ホワイトの3色となっています。

また、オクタコアCPU、メモリ3GB、ストレージ容量32GB、5インチFHD液晶、指紋認証対応とハイスペックです。

それでもシャープ製のgooのスマホg04とほぼ同価格の39,800円のコストパフォーマンスを実現しています。

まとめ

gooのスマホの真打ち登場といったところで、この年末商戦に満を持して投入されてきた感があります。

筆者個人としては、スマートフォンは5インチがベストだと思っているので、5インチサイズであることが高評価。

このスペックでこの価格ですと日本メーカーは太刀打ち出来ないのではと、少し身震いするほどのコストパフォーマンスを実現していることは確かです。

ちなみに予約は本日(2015年12月8日)からで、18日移行の発送予定のようですので参考にしてください。

それではまた。