あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

あなたならどれを選ぶ?2015年版、5インチクラス格安スマホ一覧を作ってみたよ

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、スマートフォンは5インチがベストなブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

最近のスマートフォンは、昨年発売されたiPhone6 Plusの登場により大画面化が進んでいます。

数年前はファブレットというジャンルとして位置づけられていましたが、現在は6インチクラスでもスマートフォンと言われるようになりました。

筆者の場合、スマートフォンは携帯性と操作性の観点から、5インチクラスがベストだと感じています。

そこで今回は独断と偏見で厳選した、2015年版5インチクラスのLTE対応格安SIMスマートフォンをご紹介します。

格安SIMフリースマートフォン

これといった定義はありませんが、筆者の場合、価格が2万円台までのSIMフリースマートフォンを格安としています。

この価格帯にはスペックを制限した3G専用の機種や、LTE対応で高解像度カメラを搭載した機種など、数多くのスマートフォンがあります。

今回は、次のポイントから機種を選定しました。

機種選定項目

  • 画面が5インチHD
  • 価格が3万円未満
  • LTE対応
  • 対応周波数がNTTフォーマプラスエリア・プラチナバンド対応

2015年版、5インチクラスの格安SIMフリースマートフォン一覧

厳選した2015年版5インチクラスのLTE対応格安SIMスマートフォンは次のとおりです。

  • gooのスマホg02

gooのスマホとして発売された機種です。5インチHD液晶に800万画素のメインカメラ、クアッドコアのCPUを搭載しています。ちなみにZTEのOEM製スマートフォンです。

  • HUAWEI P8 lite

ミドルレンジ機種の低価格化を実現した機種です。5インチHD液晶に1300万画素のメインカメラ、オクタコアのCPUを搭載しています。オクタコアCPU搭載で初の2万円台の価格を実現したスマートフォンです。

  • ASUS ZenFone2 Laser

大人気のZenFoneシリーズのミドルレンジ機種です。5インチHD液晶に1300万画素のメインカメラ、クアッドコアコアのCPUを搭載しています。ミドルレンジ機種で初のレーザーオートフォーカス機能を搭載したスマートフォンです。

  • FREETEL SAMURAI 雅

ミドルレンジ機種で初の1万円台の価格を実現した機種です。5インチHD液晶に1300万画素のメインカメラ、クアッドコアコアのCPUを搭載しています。さらにストレージ容量がライバル機種の2倍の32GBとなっているお得なスマートフォンです。

  • HTC Desire 626

HTCが日本国内でSIMフリースマートフォンを復活させた機種です。5インチHD液晶に1300万画素のメインカメラ、クアッドコアコアのCPUを搭載しています。これまでキャリア向けにスマートフォンを提供してきたHTCの機種だけにとても話題になったスマートフォンです。

  • ACER Liquid Z530

ACER初の日本国内投入機種です。5インチHD液晶に800万画素のメインカメラ、クアッドコアのCPUを搭載しています。セルフィ(自撮り)機能を充実させるため、インカメラにも800万画素を搭載したスマートフォンです。

  • ZTE Blade V6

gooのスマホシリーズで定評があるZTEの機種です。5インチHD液晶に1300万画素のメインカメラ、クアッドコアコアのCPUを搭載しています。ミドルレンジ機種で初となるアルミ合金ボディを採用したスマートフォンです。

以上の7機種が厳選した5インチクラスのLTE対応格安SIMフリースマートフォンです。

皆さんならどの機種を選択しますか?

まとめ

今年発売されたLTE対応の5インチクラスの機種は、そのほとんどがミドルレンジに位置づけられます。機能的にもメインで利用できるスマートフォンです。

ご覧のとおりカメラも800万画素から1300万画素ですし、ストレージ容量も16GBから32GBとなっているので必要十分なスペックとなっています。

また、FREETELを除いては、全て台湾、中国メーカーのスマートフォンですので、機能に対し価格が安く高いコストパフォーマンスを実現していることが大きな特徴です。

なので、iPod touchを購入できる金額でSIMフリースマートフォンが購入できます。

ちなみに筆者はASUS ZenFone2 LaserとFREETEL SAMURAI 雅のレビューを掲載するため購入しました。

特にZenFone2 Laserはこのクラスでは初のレーザーオートフォーカスを搭載しており、個人的にも評価が高い機種になっています。

この12月は冬のボーナスシーズンですので、格安SIMフリースマートフォンデビューしてみることも面白いと思いますよ!

それではまた。