あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

ありそうでなかった、キーボード本体がパソコンのWP004のスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、パソコンはWindows派のブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

今年はWindows10が登場したことから年末にかけて数多くのWindowsデバイスの発表がありました。

スマートフォン、2in1、パソコンなどの機種が登場し、筆者もWindows PhoneのFREETEL KATANA02を予約しました。

その中でも一番話題となったWindowsデバイスがWP004です。

WP004はキーボード本体がWindowsパソコンというデバイスなのです。

テックウインド WP004

キーボードスタイルのWindowsパソコン。タッチパッドも搭載されている。

価格は2万円前半で2016年1月中旬発売予定

一部のネットショップでは予約が開始されており、価格が22,000円前後で推移しています。

気になるスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20151230085659p:plain

WP004のスペック
OS:Windows 10 Home 32bit
CPU:Atom Z3735F 1.33GHz
メモリ:2GB
ストレージ:32GB
カードリーダー:microSD、microSDHC、microSDXC

microSDカードに対応しており、最大64GBまでストレージを拡張することができます。

また、画面出力はHDMIとVGAの両方に対応しているので、ディスプレイ、プロジェクターへの出力が可能です。

まとめ

無線LAN対応のほか、有線LANポートも備えているので、双方の環境で利用できることも大きな特徴です。

スペック的にはネットブックと同等ですが、画面出力がHDMI・VGA対応、ネットワークが無線LAN・有線LAN対応しているなど、拡張性はネットブックよりWP004のほうが高いです。

据え置き用デスクトップパソコンとしても機能することから、ビジネス用としても活用できるでしょう。

その昔に大ヒットしたMSXを彷彿させるそのスタイルに個人的にも興味津々です。

それではまた。