あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

これ本当!ソフトバンクの格安プランよりワイモバイルSIMがお得だよ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、MVNOの格安SIMを利用しているブログ住民のあんこぱんです(@ankopan01)。

総務省からの携帯電話料金の引き下げ要請を受けて、ソフトバンクが料金の引き下げの格安プランを提供する方針を固めたと報道されました。

www.nikkei.com

プラン内容は1か月あたり、高速データ通信1GBとカケホーダイを組み合わせて月額4800円になるとのこと。

現在、MVNO各社が提供している音声通話プランは、高速データ通信3GBで音声通話は従量制となります。

MVNOの格安プランと比較すると、ソフトバンクの格安プランは音声通話がメインのユーザー向けとなります。

実はソフトバンクグループのワイモバイルが提供するワイモバイルSIMはさらにお得です。

ワイモバイル

f:id:ankopan01:20160108205359p:plain

ワイモバイル - Wikipedia

ワイモバイル株式会社(Ymobile Corporation)は、東京都港区に本社を設置し、かつて存在した日本の電気通信事業者である。2014年7月1日付けでイー・アクセス株式会社から商号変更した。

ワイモバイルSIM

ワイモバイルの提供する音声通話定額のSIMサービス。10分以内の通話が月300回まで無料。

f:id:ankopan01:20160108205704p:plain

次のとおり高速データ通信の容量別にプランがあります。

  • スマホSプラン(1GB):2,980円
  • スマホMプラン(3GB):3,980円
  • スマホLプラン(7GB):5,980円

f:id:ankopan01:20160108205524p:plain

実質、月額2,146円で運用可能

さらにMNPでワイモバイルSIMにした場合、20,000円のキャッシュバックがあります。

なので、キャッシュバックを考慮し、2年間運用すると実質の月額は次のとおりになります。

  • スマホSプラン:(2,980円×24か月-20,000円)/24=2,146円
  • スマホMプラン:(3,980円×24か月-20,000円)/24=3,146円
  • スマホLプラン:(5,980円×24か月-20,000円)/24=5,146円

スマホSプランですと実質、月額2,146円で運用可能です。

まとめ

音声通話をよく利用する方はワイモバイルSIMの選択もあります。

通話エリアはソフトバンクと同じです。また、SIMフリーiPhone5s、iPhone6ですとワイモバイルSIMが利用できるメリットがあります。

www.ymobile.jp

他のMVNOにはない、音声通話定額の格安プランが利用できるので、仕事やプライベートで音声通話をよく利用する方は、少しでも通話料金を安くするアイデアとして参考にしてください。

それではまた。