あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【KATANA02】カメラ機能

スポンサーリンク

どうもこんにちは、スマートフォンは2台持ちのブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

FREETEL KATANA02のレビューも3回目となりました。

Microsoftアカウントがあれば、Office Mobile、OneDrive、Outlook、Skypeが利用できるので、セキュリティも高くビジネス用として活用できます。

ちょうど3連休に青森県への小旅行において、KATANA02で多くの撮影をしてきました。

そこで今回はFREETEL KATANA02のプチレビューその3として、メインカメラのレビューです。

800万画素のメインカメラ

KATANA02は、800万画素のメインカメラと200万画素のインカメラを搭載しています。

今回は800万画素のメインカメラで撮影した画像でレビューします。

暗闇だと少し画質が劣る

室内や光が少ない場所では、少し焦点が定まらず綺麗な画質での撮影ができませんでした。

最近のミドルエンド機種は1300万画素のメインカメラを搭載しているので、ライバル機種と比較すると画素数でも劣る分、画質でも差が出てしまいます。

HDR機能もありますが、撮影時にタイムラグがあるので、狙った瞬間の撮影はとても難しいです。

f:id:ankopan01:20160111214408j:plain

f:id:ankopan01:20160111214430j:plain

f:id:ankopan01:20160111214448j:plain

オートフォーカスが使えるが手動フォーカスがオススメ

基本的にデフォルトですとオートフォーカスで撮影ができます。

しかしながらフォーカスの精度が低いので、オートで撮影すると少しピンぼけ気味な画質となってしまいます。

なので、基本的にフォーカスしたい箇所を1度タップする手動フォーカスでの撮影が必要です。

手動フォーカスで撮影した場合、ご覧のとおりスナップショットでは十分な画質での撮影が可能です。

f:id:ankopan01:20160111214514j:plain

f:id:ankopan01:20160111214533j:plain

f:id:ankopan01:20160111214549j:plain

まとめ

どうしてもミドルエンド機種のスマートフォンではカメラ差が出てしまいます。

というのはAndroidスマートフォンのASUS ZenFone2 Laserのレーザーオートフォーカスのカメラ機能が素晴らしいためです。

筆者もZenFone2 Laserと比較すると、正直、KATANA02のカメラは劣ると評価します。

サブ機として利用する場合やスナップショットのみで利用する場合は特に問題はありません。

Windows PhoneはMicrosoftのウェブサービスを利用することがメインに考えられています。

なので、Microsoftアカウントでサインインするだけで、検索はBing、画像アップロードはOneDrive、メールはOutlook、メッセンジャーはSkypeが利用できます。

また、アプリストアではサードパーティ製のアプリが少ないことから、Windows PhoneはMicrosoftのウェブサービス向けのスマートフォンと言えます。

このようなことからセキュリティも高くビジネス用として活用できる可能性を秘めています。

次回はプチレビューその4として、KATAN02の操作方法をレビューしますのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com