あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

満を持してASUSがZenFone Zoom全8モデルを発表、発売は2月5日から

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、体調不良が続いているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ティザーサイトでアナウンスされたとおり、ASUSが本日(2016年1月25日)、光学3倍ズームカメラを搭載したSIMフリースマートフォンZenFone Zoomを発表しました。

www.ankopan.com

気になる発売は2月5日です。

また、ZenFone2 Zoomの日本モデルは全8モデルが発売されます。

ASUS ZenFone Zoom

HOYA製の光学ズームレンズと東芝のイメージセンサーを登載したカメラ機能が充実したスマートフォン。

ZenFone Zoomのスペック概要

基本的に5.5インチフルHD液晶に3000mAhのバッテリーを搭載しています。

f:id:ankopan01:20160125203056p:plain

ZenFone Zoomのスペック概要
OS:Android 5.0
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:インテルAtomプロセッサー Z3590 Quad Core 2.50GHz/インテルAtomプロセッサー Z3580 Quad Core・2.33GHz
RAM:4GB
ROM:32GB/64GB/128GB
メインカメラ:1300万画素Webカメラ 光学3倍ズーム対応 光学手振れ補正対応 レーザーオートフォーカス デュアルカラーLEDフラッシュ
バッテリー:3000mAh

全8モデルが既に予約受付中

既にASUS ZenFone Shopでは予約受付中です。

f:id:ankopan01:20160125203413p:plain

個人的にはあまり選択肢が多いデバイスは人気が出ないと思っているので、3モデルくらいに絞ったほうが良かったのではと評価しています。

まとめ

一番安いモデルのZX551ML-BK32S4PLが53,784円なのでミドルエンドの格安SIMフリースマートフォンとしては割高になります。

基本的にカメラ機能に特化したスマートフォンなので、他のミドルエンド機種と比較できませんが、全8モデルもある選択肢の多さが購入者の購買意欲をそぐのではと懸念しています。

過去にあのAppleの業績が傾いたときに、Appleが一度退社したスティーブ・ジョブズを呼び戻しました。そのときにスティーブ・ジョブズが改善を施したした1つが、複数モデルあったMacの商品ラインナップを制限して、消費者が好みのMacを選択しやすくしたことは有名な話です。

通常はエントリー、ミドルエンド、ハイエンドと多くても3モデルをリリースします。それ以上の選択肢になると消費者は商品が選択できなくなる傾向があり、購入の敷居が高くなることがわかっています。

なので、個人的にはZenFone Zoomは苦戦をするのではと予想していますし、個人的にも購入の決定には至りませんでした。

ただし、ZenFone Zoomのインパクトの大きさは変わりませんので、購入を検討の方はASUS ZenFone Shopやネットショップなどで比較検討して購入することをオススメします。

それではまた。