あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

スナドラ615搭載で3万円台のSIMフリースマホが登場!そのスペックとは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、今年もSIMフリースマートフォンが熱いと感じているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

前回の記事では、旧型モデルのHuawei Ascend G620SがAmazonで人気になっていると紹介しました。

www.ankopan.com

このHuaweiが本日(2016年1月28日)、ハイエンドながら3万円台の高いコストパフォーマンスを実現した新モデルHuawei GR5を発表しました。

そこで今回はHuawei GR5のスペックをチェックします。

Huawei

華為技術 - Wikipedia

華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ、Huawei Technologies Co. Ltd.)は、中華人民共和国広東省深圳に本社を置く通信機器メーカーである。
日本法人は、華為技術日本株式会社(ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン、Huawei Technologies Japan K.K.)という名称で2005年設立。東京都千代田区大手町に東京本部を置く。通称は、「ファーウェイ・ジャパン」。

Huawei GR5のスペック

気になるHuawei GR5のスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20160128202536p:plain

Huawei GR5のスペック
OS:Android 5.1
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Snapdragon615 MSM8939 octa-core(1.5GHz×4,1.2GHz×4)
RAM:2GB
ROM:16GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
SIMタイプ:microSIM
W-CDMA:B1/B5/B6/B8/B19
LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
バッテリー:3000mAh
価格:34,800円

5.5インチのFHD液晶、CPUがSnapdragon615、メモリが2GB、ストレージが16GB、指紋認証、アルミ・マグネシウムを用いたメタルボディを採用している豪華仕様です。

少し前のハイエンド機種と同レベルで販売価格34,800円と高いコストパフォーマンスを実現しています。

また、NTTドコモの周波数にチューニングされているので、NTTドコモ系MVNOの格安SIMで運用ができます。

まとめ

ついにこのレベルで3万円台のSIMフリースマートフォンが登場してきました。

価格的にはミドルエンド機種ですが、機能的には少し前のハイエンド機種といってもいいほどのスペックになっています。

間違いなく高いコストパフォーマンスを実現しているSIMフリースマートフォンです。

販売は2月12日です。個人的にも要チェックの機種になりました。

それではまた。