あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

真のVAIO Phoneが発売されるよ!そのスペックとは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、Windows PhoneはFREETEL KATANA02を所持しているブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

昨年、色々な意味で話題となったSIMフリースマートフォンが、日本通信から発売されたVAIO Phoneです。

www.ankopan.com

このVAIO Phoneは、VAIOの製造ではなかったこと判明し、日本通信によるPanasonic ELUGA U2のOEM版ではないかと噂になり、ちょっとした騒ぎになりました。

また、VAIOのノートパソコンのように、スタイリッシュなデザインでハイスペックな仕様を期待していたユーザーからは酷評されました。

それらの懸念を払拭するかの如く、VAIOが満を持して、昨日(2016年2月4日)、VAIOブランドのWindows Phoneを発表しました!

そこで今回は、真のVAIO Phoneと言える、VAIO Phone Bizのスペックをチェックします。

VAIO

VAIO - Wikipedia

VAIO(バイオ)は、PC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズブランドである。シリーズとして、デスクトップ型、ノート型、PDA型が販売された。
ソニーが1996年から2014年6月まで販売し、2014年7月からは切り離されVAIO株式会社に移管されている。VAIO社に移って以降も、ソニーの登録商標である。2015年、東芝、富士通、VAIOの3社によるパソコン事業を統合する検討に入った。実現すれば日本シェア首位のパソコン企業が誕生する。

VAIO Phone BizはWindows Phone

今回発表されたVAIO Phone Bisは、OSにWindows10 mobileを登載したWindows Phoneです。

f:id:ankopan01:20160204215651p:plain

気になるVAIO Phone Bizのスペックは次のとおりです。

VAIO Phone Bizのスペック
OS:Windows10 mobile
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Snapdragon 617 octa-core
RAM:3GB
ROM:16GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
W-CDMA:B1/B6/B8//B11/B19
LTE:B1/B3/B8/B19/B21
バッテリー:2900mAh
その他:Wi-Fi 11ac、Bluetooth 4.0
SIMType:microSIM
価格:5万円台

5.5インチのFHD液晶に、Snapdragon 617のオクタコアCPU、3GBのメモリ、16GBのストレージ、1300万画素のメインカメラ、500万画素のインカメラを搭載しています。Wi-Fiは5GHzが利用できる11acに対応しています。

f:id:ankopan01:20160204215822p:plain

また、Office Mobileがプリインストールされているので、VAIO Phone BizでOne Driveに保存したオフィスファイルを利用することができます。

さらにアルミニウム筐体ので、Windows Phoneの中でも高級感のある外観となっています。

f:id:ankopan01:20160204215715p:plain

まとめ

モバイルでの対応周波数は、NTTドコモの周波数にチューニングされているので、NTTドコモ系MVNOで格安に運用ができます。

また、VAIO Phone Bizはディスプレイに接続することでパソコンのように利用できるContinuumに対応しているので、PC環境をスマートフォンとして持ち歩くことができます。この機能がWindows Phoneの1つの売りです。

なお、製品名にBisと記載されてますが、個人向けにVAIOストアのほか、BIGLOBE、楽天モバイルのMVNO事業者でも取り扱う予定です。

個人的にこのVAIO Phone Bizは、ハイスペックでVAIOのブランドにマッチしたスマートフォンだと感じています。

もしかすると、実は支持率が高いスマートフォンなるのかもしれません。そのような可能性を秘めたスマートフォンです。

ちなみに2016年4月の発売予定です。

それではまた。