あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

AmazonアプリストアをAndroidデバイスに導入する方法

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

Androidデバイスでアプリを利用するには、Google Playからアプリをダウンロードし、Androidデバイスにインストールすることで利用できます。

その他に、他のアプリストアからアプリをダウンロードし、Androidデバイスにインストールすることで利用できます。

このアプリストアで有名なのがAmazonアプリストアです。

そこで今回は、AmazonアプリストアをAndroidデバイスに導入する方法をご紹介します。

Amazonアプリストア

Amazonが提供するKindleデバイス、Androidデバイス向けのアプリストア。

f:id:ankopan01:20160208204647p:plain

KindleデバイスはAndroidベースなので、基本的にAndroidアプリが動作するため、Amazonアプリストアで提供されているアプリがAndroidでも利用できます。

AmazonアプリストアをAndroidデバイスに導入する方法

まず、事前にAndroidデバイスの設定変更が必要です。

Androidデバイスの設定変更

  • 設定>セキュリティを選択し、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可します。

f:id:ankopan01:20160208205016j:plain

Amazonアプリをインストールする

  • 専用ページからAmazonアプリをダウンロード、デバイスにインストールします。

f:id:ankopan01:20160208205145p:plain

以上で導入は完了です。

基本的にAmazonアプリはAmazonショッピングアプリと同じですが、左側のメニューにアプリストアがあります。

f:id:ankopan01:20160208205259j:plain

このアプリストアからアプリをダウンロードし、インストールすることで、Androidデバイスでもアプリが利用できます。

まとめ

実はGoogle Playで削除されたアプリがAmazonアプリストアで提供されているものがあります。

また、Google Playの有料アプリが、Amazonアプリストアで格安セールで提供されていることもあります。

なので、Androidデバイスを利用している場合、Amazonアプリストアも利用することで数多くのアプリが利用できるほか、有料アプリを格安に導入することができます。

筆者の場合、有料アプリのATOKとOfficeSuiteProは、Amazonアプリストアの格安セールで購入しました。

Amazonアプリストアを導入して、様々なデバイスで数多くのアプリを導入する方法として参考にしてください。

それではまた。