あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Fireタブレット】Google Playを導入したら快適になった件

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

昨年末に購入した激安タブレットの話題の機種、Amazon Fireタブレット。

www.ankopan.com

Amazonプライム会員ですと、Kindle書籍が1か月無料購読できるほか、Prime Music、Primeビデオも利用できるコストパフォーマンスの高いタブレットです。

実はFireタブレットのFire OS 5(Bellini)は、Androidベースに開発されているので、Androidのアプリが利用できるほか、裏技的にAndroidのアプリストア「Google Play」を導入して利用できます。

Google Playの導入方法は複数ある

Google PlayをFireタブレットへ導入する方法は非公式な方法なので掲載はしませんが、一括ツールでできる方法、個別にツールを導入する方法など複数あります。

筆者は次のページを参考にGoogle Playを導入しました。

www.landerblue.co.jp

Google Playの導入でできるようになったこと

Google Playの導入でFireタブレットでできることが多くなります。筆者の場合、次のアプリが利用できるようになりました。

  • Chromeが利用できる
  • Gmailが利用できる
  • Googleカレンダーが利用できる
  • YouTubeが利用できる
  • Google Play Musicが利用できる
  • SmartNewsが利用できる
  • はてなブックマークが利用できる

Googleの主要サービスのアプリが利用できます。特にGoogleカレンダーで複数スケジュールを管理している場合は重宝するでしょう。

また、SmartNewsとはてなブックマークのアプリがAmazonアプリストアで提供されていないので、Google Playの導入で利用できるようになりました。

f:id:ankopan01:20160210101521p:plain

Google Playの導入で、ネットニュースや話題のブログ記事をFireタブレットで閲覧できるようになりました。

まとめ

Fireタブレットはストレージ容量が8GBと少ないので、microSDを導入することをオススメします。筆者も16GBのmicroSDを導入しました。

microSDに移行できるアプリ、Prime Musicの音楽ファイル、Primeビデオの動画ファイルはmicroSDに保存できるので、FireタブレットにはmicroSDの導入が不可欠です。

それにしてもFireタブレットへのGoogle Playの導入、快適です!是非、お試しください。

それではまた。