あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Priori3s LTE】プリインアプリとストレージ

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

FREETEL Priori3s LTEも利用し始めて3日目となりました。

4000mAhの大容量バッテリーを登載していますが、さほど重さを感じることなく利用できます。

また、販売価格が17,800円と高いコストパフォーマンスを実現していることも大きな特徴です。

そこで今回はPriori3s LTEのプチレビューその3として、プリインストールアプリとストレージについてレビューします。

プリインストールアプリは少なく素のAndroidに近い

キャリアのスマートフォンですと、メーカーやキャリアなどの複数アプリがプリインストールされています。

FREETELのスマートフォンは、ベーシックなアプリのみがプリインストールされているので、素のAndroidに近い環境で利用できます。なので、ストレージを効率的に利用できます。

ちなみに次のようなアプリがプリインストールされています。

f:id:ankopan01:20160214211441p:plain

f:id:ankopan01:20160214211504p:plain

ストレージ容量は16GBでmicroSDが利用可能

Priori3s LTEのストレージ容量は16GBです。前モデルが8GBでしたので容量が2倍にスペックアップしています。また、メモリも2倍の2GBにスペックアップしています。

さらに最大128GBのmicroSDに対応しているので、microSDを導入することで容量を追加できます。

対応アプリはmicroSDに移動可能

前モデルはmicroSDにアプリが移動できませんでしたので、数多くのアプリを利用する場合、使い勝手が良くありませんでした。

スペックアップしたPriori3s LTEは、アプリをmicroSDに移動できます。

f:id:ankopan01:20160214211701p:plain

筆者のように数多くのアプリを利用する場合は、使い勝手も向上しています。

まとめ

FREETELのスマートフォンの大きな特徴が、素のAndroidに近い環境で利用できることです。

また、Priori3s LTEは前モデルからスペックアップして、メモリ2GB、ストレージ16GBとなりました。また、アプリをmicroSDに移動できるようになりました。

なので、エントリーモデルでありながらとても実用的であり、2台目や子ども用の機種として活用できるでしょう。

次回はプチレビューその4として、ネットワークとデフォルトAPNについて紹介しますのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com