あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【Priori3s LTE】アップデート配信!実はFOMAプラスエリア対応だった模様

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

5インチHDディスプレイ、クアッドコアCPU、そして大容量の4000mAhのバッテリーを搭載した格安SIMフリースマートフォンがFREETEL Priori3s LTE。

当ブログにおいてもレビュー記事を掲載しているので、ご存知の方も多いと思います。

昨日(2016年2月22日)、このPriori3s LTEにソフトウェアアップデートが配信されました。

getnews.jp

実はこのアップデート、NTTドコモのFOMAプラスエリア対応のアップデートだった模様です。

ネット上でPriori3s LTEのFOMAプラスエリア未対応が話題に!

実はPriori3s LTEの販売後にブログや2chなどで、Priori3s LTEがFOMAプラスエリアが未対応との報告が相次いでいました。

kaesakuratsubuyaki.blog.fc2.com

blogram.net

その後、昨日のアップデート後にFOMAプラスエリアが適用になったとのこと。

筆者の場合、アップデート後に確認したらFOMAプラスエリアが適用されていました。

アップデートの方法

ソフトウェアアップデートの方法は、次のとおりです。

  • 設定アイコンをタップします。

f:id:ankopan01:20160223085449p:plain

  • 画面最下部の「端末情報」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223085512p:plain

  • 「ワイヤレスアップデート」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223085529p:plain

  • 「最新バージョンのファイルがあるか確認します」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223085547p:plain

上記の画面で適用されるアップデートがある場合、ファイルをダウンロードしてアップデートできます。

FOMAプラスエリアの適用を確認する方法

Priori3s LTEがFOMAプラスエリアに適用されているか確認する方法は、次のアプリをインストールして行います。

MTK Engineering Mode

f:id:ankopan01:20160223084543p:plain

Priori3s LTEがFOMAプラスエリアに適用されているか確認する方法

  • MTK Engineering Modeを起動します。

f:id:ankopan01:20160223090017p:plain

  • 「MTK Setting」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223090037p:plain

  • 「BandMode」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223090058p:plain

  • 「SIM1」を選択します。

f:id:ankopan01:20160223090114p:plain

次のとおりWCDMA-800にチェックがあればPriori3s LTEがFOMAプラスエリアに対応していることになります。

f:id:ankopan01:20160223090154p:plain

まとめ

おそらくPriori3s LTEのハードウェアはFOMAプラスエリア対応していたが、ソフトウェアがFOMAプラスエリアに対応していなかったと推測されます。

FOMAプラスエリアは山間部や都市部などの2GHz帯の電波が届きにくいエリアにおいて、電波が届きやすい低い周波数の800MHz帯で通信するというものです。いわゆるプラチナバンドと言われている周波数帯です。

今回のアップデートで真のFOMAプラスエリア対応機種となったPriori3s LTE。バッテリーの持ちが良く筆者のお気に入りの格安SIMフリースマートフォンです。

まだ、アップデートをしていないユーザーは早めの対応をしましょう!

それではまた。