あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

明日からイオンモバイルで格安販売される国産スマホのスペックを調べてみました

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

いよいよ明日(2016年2月26日)からリニューアルオープンするイオンモバイル。

全国213店舗でMVNOサービスを展開するほか、480円から利用できる格安プランの提供、スマートフォン販売後30日以内の無料保証など、他のMVNOサービスにはないイオンならではのサービス内容が注目されています。

また、リニューアルキャンペーンの大きな目玉が3月31日までの契約者限定の破格サービスです。

音声通話SIM(高速データ通信2GB)が月額980円(1年間限定)で提供されるほか、データ通信SIM(高速データ通信2GB)も月額480円(1年間限定)で提供されます。

さらに富士通のSIMフリースマートフォン「ARROWS M01」を破格の14,800円で販売します。

そこで今回はイオンモバイルで販売されるARROWS M01のスペックをチェックします。

ARROWS M01

富士通の国内販売したエントリークラスのSIMフリースマートフォン。

エントリークラスとしては珍しい防水・防塵対応、Wi-FiがIEEE802.11 acに対応している。

現在、人気となっているSIMフリースマートフォンARROWS M02の前モデル。

気になるARROWS M01のスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20160225212833p:plain

ARROWS M01のスペック
OS:Android 4.4
画面:4.5インチ 1280x720 ピクセル
CPU:Snapdragon 400 Quad Core 1.2GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
外部メモリ:microSDXC(最大32GB)
メインカメラ:800万画素
インカメラ:130万画素
バッテリー:2500mAh
LTE:B1/B3/B19/B21
W-CDMA:B1/B19
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth4.0
防水・防塵:防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト

一昨年に発売された機種なのでOSは2世代前のAndroid4.4です。

4.5インチHDディスプレイ、クアッドコアCPU、800万画素のメインカメラを搭載しています。

また、エントリークラスでは珍しい防水・防塵対応、Wi-FiのIEEE802.11 acに対応しています。

ストレージが8GBと少ないですが、microSDを導入することで外部ストレージとして利用できます。※microSDへのアプリの移動はできません。

まとめ

国産SIMフリースマートフォンが破格の14,800円で購入できるイオンモバイルのリニューアルキャンペーンはとてもお得です。

また、1年間限定ですが980円で利用できる音声通話SIMサービス、480円で利用できるデータ通信SIMサービスを利用することでさらに格安にARROWS M01を運用できます。

なので、個人的にもイオンモバイルは要チェックのMVNOになりました。

ちなみに次のページではイオンモバイルのMVNEはIIJmioではないか!?と掲載されています。

この情報が本当であれば、リニューアルキャンペーン以上のサプライズになることは間違いありません!

tel03.com

リニューアルされたイオンモバイルは明日(2016年2月26日)から営業開始です。

f:id:ankopan01:20160225212549p:plain

それではまた。