読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

スマホバッテリーは大容量が流行!?ASUSの新型ZenFoneのスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです(@ankopan01)。

新型スマートフォンの情報が慌ただしい3月ですが、なんと、ASUSからも新しいZenFoneが発表されました。

FREETEL Priori3s LTEは5インチで4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、そのロングバッテリー仕様が話題となりましたが、新しいZenFoneは5.5インチですが、さらに上を行く5000mAhのバッテリーを搭載しています。

そこで今回は5000mAhの大容量バッテリーを搭載したASUS ZenFone Maxのスペックをチェックします。

ASUS ZenFone Max

5.5インチのミドルレンジモデルのSIMフリースマートフォン。5000mAhの大容量バッテリーを搭載したロングバッテリーが大きな特徴。

f:id:ankopan01:20160302200928p:plain

ASUS ZenFone Maxのスペック

気になるZenFone Maxのスペックは次のとおりです。

ZenFone Maxのスペック
OS:Android 5.0.2
画面:5.5インチ 1280x720 IPS
CPU:Snapdragon 410 Quad Core 1.2GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:最大128GB
メインカメラ:1300万画 レーザーオートフォーカス
インカメラ:500万画素
バッテリー:5000mAh
LTE:B1/B3/B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth:Bluetooth4.1
カラー:ブラック、ホワイト
販売価格:27,800円

5.5インチHDディスプレイ、クアッドコアCPU、1300万画素のレーザーオートフォーカスのメインカメラ、5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

対応周波数はNTTドコモのプラチナバンドに対応しているので、NTTドコモ系MVNOでの運用が可能です。

なんといっても大きな特徴が5000mAhの大容量バッテリーです。LTEでのモバイル通信時のバッテリー駆動は約20.7時間とされているほか、3Gでの連続待受時間は約914.4時間と1か月超とされています。

まとめ

筆者もFREETEL Priori3s LTEの2日間は十分に使えるバッテリーが使い勝手が良く、現在、メインで利用しています。

ZenFone Maxもおそらく2日間は十分に使えると予想しています。

ただし、Priori3s LTEより大きい5.5インチで5000mAhの筐体なので、手に持った印象が少し気になるところです。

Priori3s LTEは実際の重量より軽い印象がありましたので、ZenFone Maxも手にフィットするのであれば、とても実用的な機種と言えるでしょう。

また、メインカメラはASUSUお得意のレーザーオートフォーカスを搭載しているので、ミドルレンジ機種としてはカメラ機能が好印象のSIMフリースマートフォンになります。

個人的には5.5インチとディスプレイが大きいのでスルーとなりましたが、ロングバッテリーで利用できるファブレットをお探しの方は1つの選択肢になりますので参考にしてください。

それではまた。