読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

グローバルモデルでNTTドコモのプラチナバンドが使えるSIMフリースマホ3選!

スマートフォン
 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

以前の記事でもお伝えしたとおり現在EXPANSYSでは破格の円高還元セールを実施中で、あのNexus5X 32GBが3万円台で販売されています。

www.ankopan.com

実は中にはNexus5XのようにグローバルモデルでもNTTドコモのプラチナバンドが利用できる機種があります。

そこで今回は、グローバルモデルでNTTドコモのプラチナバンドが使えるSIMフリースマホ3選をご紹介します。

NTTドコモのプラチナバンドとは

NTTドコモのプラチナバンドが利用できると、NTTドコモ系MVNOのSIMの利用で格安に運用できるメリットがあります。

また、FOMAプラスエリアとなっている山間部や都市部の不感地帯において利用できるメリットがあります。

主に次の周波数帯がNTTドコモで提供されているプラチナバンドになります。

NTTドコモのプラチナバンド

  • W-CDMA(FOMAプラスエリア):Band6
  • LTE(プラチナバンドLTE):Band19

NTTドコモのプラチナバンドとは、W-CDMAのBand6とLTEのBand19のことです。こ

プラチナバンドの周波数帯は低い周波数帯であることから、電波が障害物に反射しやすい特徴があります。なので、2GHz帯の高い周波数では届きにくいエリアの山間部や都市部の不感地帯において提供されています。

このBand6とBand19は日本仕様の通称Japan Bandであることから、グローバルモデルのスマートフォンでは対応していない機種がほとんどです。あのSony Xperiaシリーズのグローバルモデルも対応していません。

しかしながら最近はJapan Bandに対応しているグローバルモデルの機種が登場しています。

グローバルモデルでNTTドコモのプラチナバンドが使えるSIMフリースマホ3選

個人的な独断と偏見になりますが、グローバルモデルでNTTドコモのプラチナバンドが使えるSIMフリースマホ3選は次のとおりです。

Google Nexus5X

グローバルモデルのユーザーの検証から、EXPANSYSで発売されているNexus5Xの型番がLG-H791となっており、Googleストアで販売されているNexus5Xと同じであることが判明しています。

androidlover.net

しかもGoogleストアよりEXPANSYSのNexus5Xが安く提供されていることから大きな話題となっています。

Google Nexus6P

こちらの機種もEXPANSYSで発売されているNexus6Pの型番がH1512となっており、Googleストアで販売されているNexus6Pと同じであることが判明しています。

FOMAプラスエリア&LTE Band19対応SIMフリースマホまとめ

こちらはGoogleストアとEXPANSYSとは価格差はありませんので、Googleストアでの購入がオススメです。

Motorola Moto X Play

国内でも販売開始されたMotorola Moto X Play。こちらの機種は先行してEXPANSYSでグローバルモデルが発売され、ユーザーが検証を実施したことでNTTドコモのプラチナバンドに対応していることが判明しています。

www.ankopan.com

対応周波数が多い機種なので、国内のみならず海外利用でも活用しそうなモデルです。

まとめ

以上がグローバルモデルでNTTドコモのプラチナバンドが使えるSIMフリースマホ3選です。

これらの機種はグローバルモデルなのにNTTドコモのプラチナバンドに対応しています。

おそらくアジア向けのモデルとして製造され、その際に日本市場を意識しJapan Bandにチューニングされたと予想されます。

なので、グローバルモデルでも技適を取得し、MVNO市場が活況な日本国内で販売開始した機種とも言えるでしょう。

グローバルモデルの導入のメリットが、素のAndroidに近いモデルが大半で、国内モデルより安く購入できることです。

個人的には、グローバルモデルのSony XperiaシリーズのNTTドコモのプラチナバンド対応を願っています。おそらく3大キャリアとの関係上、難しいとは思いますが・・・

それではまた。