あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

ARROWS M01のプチレビューその2、CPUとベンチマークテスト

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ARROWS M01は4.5インチ有機ELディスプレイ、クアッドコアCPU、防水防塵仕様のSIMフリースマートフォン。

現在イオンモバイルで14,800円で提供されているスマートフォンです。

前回は外観とストレージについてレビューしましたが、今回はARROWS M01のプチレビューその2として、CPUとベンチマークテストをレビューします。

CPUは「MSM8926」

CPUはSnapdragon 400シリーズの「MSM8926」で、エントリーモデル向けとなります。

ARROWS M01にはクロック数1.2GHzのものが搭載されています。ASUS ZenFone 5もこのCPUを搭載しています。

ちなみに昨日(2016年3月11日)から予約開始されたASUS ZenFone Goには、Snapdragon 400のクロック数1.4GHzのものが搭載されています。

AuTuTuベンチマークでテストを実施

今回もAnTuTuベンチマークでテストを行いました。

モバイルアプリ

f:id:ankopan01:20160213210211p:plain

スコアは「17830」

ベンチマークスコアは「17830」でした。

f:id:ankopan01:20160312081555p:plain

エントリーモデルということもあり低いスコアです。

ちなみにFREETEL Priori3s LTEが「23744」、ASUS ZenFone2 Laser(5インチモデル)が「24399」をマークしているので、やはり新しい機種のほうがスコアは高くなります。

まとめ

ほぼ2世代前の機種なのでCPUとベンチマークスコアからすると非力さは否めません。

ARROWS M01は、ディスプレイが4.5インチ、さらにストレージ容量が8GBでmicroSDにアプリを移動できない仕様なので、通話・メール・SNS・メッセンジャーなどのベーシックな利用しかできません。

なので、ベーシック利用に特化したスマートフォンと言えます。

アプリをたくさん利用する場合やCPU性能が求められるゲームアプリを利用する場合には向いていませんので、導入を検討の方は参考にしてください。

次回はARROWS M01のプチレビューその3として、カメラ機能とバッテリー持続時間をレビューしますのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com