読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

高コストパフォーマンスを実現!ついにZTE Blade V6が19,800円に

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ZTEは現在、Huawei、Lenovoと一緒に世界のスマートフォン市場を席巻している中国メーカー3強です。

国内ではPocketWi-Fi、gooのスマホシリーズ、Bladeシリーズなどの機器を提供しています。

このZTEは3月25日のZTE Blade V580の発売に合わせて、Blade V6を7,000円値下げして販売するとアナウンスしました。

ZTE Blade V6

ZTEのミドルレンジのSIMフリースマートフォン。5インチHDディスプレイ、1300万画素のメインカメラ、クアッドコアCPUを搭載している。

f:id:ankopan01:20160317211818p:plain

気になるスペックは次のとおりです。

ZTE Blade V6のスペック
OS:Android 5.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:MT6735 Quad Core 1.3GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大32GB)
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー:2200mAh
LTE:B1/B3/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8/B19
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth:Bluetooth 4.0
販売価格:19,800円 ※2016年3月18日より

販売価格26,800円であったものが、2016年3月18日より7,000円値下げとなる19,800円で販売されます。

まとめ

今年に入りコストパフォーマンスの高いミドルレンジ機種が相次いで発売されたことから、それまでのミドルレンジ機種が値下げされた形になります。

Blade V6は5インチHDディスプレイ、1300万画素のメインカメラ、クアッドコアCPUを搭載しています。

スペック的にはベーシックな利用では必要十分なスマートフォンです。

ちなみに販売価格19,800円では、FREETEL SAMURAI 雅、ASUS ZenFone Goがあります。

その他にも4000mAhの大容量バッテリーを搭載した17,800円のFREETEL Priori3s LTEもあります。

LTE対応のSIMフリースマートフォンは1万円台が相場になりつつありますので、格安スマートフォンの導入を検討の方は参考にしてください。

それにしてもZTE Blade V6はリンゴのマークのあのスマートフォンにそっくりですね!

それではまた。