読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

ファブレットが席巻中!?タブレットいらずな5.5インチの格安SIMフリースマホ4機種とは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

2016年は格安SIMスマートフォンの大画面化が進んでいます。

これまでのエントリークラスからミドルレンジの機種は、4.5インチから5インチサイズがメインでした。

このような状況で今年に入り各メーカーから5.5インチサイズの機種が相次いでリリースされています。

そこで今回は5.5インチサイズの格安SIMフリースマートフォンの4機種をチェックします。

Huawei GR5

5.5インチディスプレイ、オクタコアCPU、1300万画素のメインカメラ、指紋認証機能を搭載し、メタルボディを採用したSIMフリースマートフォン。

GR5のスペック
OS:Android 5.1
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Snapdragon615 MSM8939 octa-core(1.5GHz×4,1.2GHz×4)
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大128GB)
メインカメラ:1300万画素(F値2.0)
インカメラ:500万画素
LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
W-CDMA:B1/B5/B6/B8/B19
バッテリー:3000mAh
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
カラー:ゴールド、シルバー、グレー
その他:指紋認証
価格:34,800円

CPUにSnapdragon615を採用した話題のスマートフォンです。また、F値2.0のメインカメラを採用しています。

ZTE Blade V580

Huawei GR5と同様に5.5インチディスプレイ、オクタコアCPU、1300万画素のメインカメラ、指紋認証機能を搭載し、メタルボディを採用したSIMフリースマートフォン。

Blade V580のスペック
OS:Android 5.1
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:MediaTek MT6753 Octa Core 1.3GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大32GB)
メインカメラ:1300万画素(F値2.2)
インカメラ:500万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:B1/B3/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8/B19
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
カラー:シルバー、グレー
その他:指紋認証
販売価格:27,800円

CPUはMediaTek製のMT6753を採用しています。また、東芝製のイメージセンサーを搭載したメインカメラを採用しています。


ASUS ZenFone Max

5.5インチディスプレイ、クアッドコアCPU、1300万画素のメインカメラ、5.5インチとしては大容量となる5000mAhのバッテリーを搭載したSIMフリースマートフォン。

ZenFone Maxのスペック
OS:Android 5.0.2
画面:5.5インチ 1280x720
CPU:Snapdragon 410 Quad Core 1.2GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大128GB)
メインカメラ:1300万画素(F値2.0) レーザーオートフォーカス
インカメラ:500万画素
バッテリー:5000mAh
LTE:B1/B3/B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth:Bluetooth4.1
カラー:ブラック、ホワイト
販売価格:27,800円

5000mAhの大容量バッテリーとレーザーオートフォーカス機能のF値2.0のメインカメラを採用しています。

ASUS ZenFone Go

5.5インチディスプレイ、クアッドコアCPU、800万画素のメインカメラを搭載したSIMフリースマートフォン。

ZenFone Goのスペック
OS:Android 5.1
画面:5.5インチ 1280×720
CPU:Snapdragon400 MSM8926 Quad Core 1.4GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大128GB)
メインカメラ:800万画素(F値2.0)
インカメラ:500万画素
バッテリー:3010mAh
LTE:B1/B3/B5/B6/B7/B8/B9/B18/B19/B28
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
SIMスロット:microSIM/microSIM
Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth:Bluetooth 4.0
カラー:ブラック、ホワイト、ブルー
販売価格:19,800円

5.5インチディスプレイを搭載したエントリークラスの機種です。F値2.0の800万画素のメインカメラを採用しています。

まとめ

以上がエントリークラスからミドルレンジの5.5インチサイズのSIMフリースマートフォンです。

販売価格帯は1万円台から3万円台の機種ですが、どの機種も音声通話・メッセンジャー・SNSのベーシックな利用では必要十分なスペックを搭載しています。

ミドルレンジの機種ではオクタコアCPUの搭載が当たり前となりました。格安SIMフリースマートフォンのスペック向上は目を見張るものがあります。

個人的にもこの春から5.5インチサイズにデビューすることにしました。

筆者同様に大画面の格安SIMフリースマートフォンの導入の検討の方は参考にしてください。

それではまた。