あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

この春ファブレットデビューします!あのスマホをポチリました

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

今年は各メーカーから5.5インチサイズの格安SIMフリースマートフォンが発売されています。

www.ankopan.com

1万円台から3万円台の機種ですが、どの機種も音声通話・メッセンジャー・SNSのベーシックな利用では必要十分なスペックを搭載しています。

そこで筆者もこの春、ファブレットデビューするため、あの機種を購入することにしました。

ZTE Blade V580を選択

今回購入を決定した機種はZTEのBlade V580です。

f:id:ankopan01:20160308160025p:plain

5.5インチディスプレイ、オクタコアCPU、1300万画素のメインカメラ、指紋認証機能を搭載し、メタルボディを採用したSIMフリースマートフォンです。

Blade V580のスペック
OS:Android 5.1
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:MediaTek MT6753 Octa Core 1.3GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大32GB)
メインカメラ:1300万画素(F値2.2)
インカメラ:500万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:B1/B3/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8/B19
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
カラー:シルバー、グレー
その他:指紋認証
販売価格:27,800円

5.5インチフルHDの大画面液晶に、MediaTek製のオクタコアCPUを搭載しています。

Huawei GR5とスペック的に同等ですが、価格が破格の2万円台の機種です。

この高いコストパフォーマンスが購入の大きな決め手となりました。

まとめ

このBlade V580はSIMスロットがnanoSIMとなっているため、OCNモバイルONEの音声通話SIMをmicroSIMからnanoSIMに変更することになりました。

SIMカッターでサイズ変更することもできますが、安全を考慮し3,000円の手数料を支払い正規の方法でSIM交換の手続きをしました。

Blade V580の発売日が2016年3月25日となっているので、スマートフォンを先かSIMが先かの状況です。

商品が到着しだいレビューを掲載する予定ですのでご期待ください。

それではまた。