読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

MVNOでSIMフリー版iPhone SEを運用するためのコスト積算です

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

本日から予約開始されるiPhone SE。

筆者もSIMフリー版iPhone SE 64GBの購入を検討しています。

www.ankopan.com

SIMフリースマートフォンのユーザーは、格安に運用できるMVNOで運用していると思います。

また、ハイスペックなiPhoneはメインで利用できるため、音声通話SIMでの運用が1つの選択肢になります。

そこで今回は、MVNOでSIMフリー版iPhone SEを運用するためのコスト積算をします。

SIMフリーiPhone SEは64GBモデルの一択!

iPhone SEには、16GBと64GBの2つのモデルがあります。

f:id:ankopan01:20160322080955p:plain

これまで利用してきたデータ(アプリデータ・メディアファイル)を引き継ぐには16GBでは容量が足りません。

また、高解像度の画像ファイルや4K動画の動画ファイルを保存するには大容量のストレージが必要です。

なので、iPhone SEは64GBモデルの一択になります!

MVNOの音声通話SIMでコスト積算してみた

今回はMVNOでも人気なIIJmioのみおふぉん、楽天モバイルの5分かけ放題オプション、ワイモバイルのスマホプランMで、音声通話SIMを導入した場合のコスト積算をします。

積算内訳は、SIMフリー版iPhone SE 64GBを購入し、それぞれ2年間利用した場合のコストになります。

IIJmioのみおふぉん

f:id:ankopan01:20160323210558p:plain

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 基本料金(3GBプラン):1,600円×24か月=38,400円
  • iPhone SE 64GB:64,800円
  • 合計:106,200円 ※月平均4,425円

IIJmioのみおふぉんは、みおふぉんダイヤルアプリから通話することで、通話料が50%オフになります。また、ファミリーシェアプラン内の通話ですと通話料が60%オフになります。

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

同一名義で複数回線を利用する方向けのプランになります。

楽天モバイルの5分かけ放題オプション

f:id:ankopan01:20160323210737p:plain

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 基本料金(3.1GBプラン):1,600円×24か月=38,400円
  • 5分かけ放題オプション:850円×24か月=20,400円
  • iPhone SE 64GB:64,800円
  • 合計:126,600円 ※5,275円

楽天モバイルの5分かけ放題は、楽天でんわのサービスに加入し専用アプリから通話することで、5分以内の音声通話がかけ放題になります。5分を超えた通話料は50%オフになります。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

5分かけ放題はキャリア同プランを半額で提供している破格オプションです。短時間の通話をよくする方向けのプランになります。

ワイモバイルのスマホプランM

f:id:ankopan01:20160323210857p:plain

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 基本料金(3GBプラン):3,980円×24か月=95,520円
  • iPhone SE 64GB:64,800円
  • 合計:163,320円 ※月平均6,805円

ワイモバイルのスマホプランMは、10分以内の音声通話が月300回利用できます。また、NTTドコモ、auからMNPで移行した場合、高速データ通信量が2年間2倍になります。つまりスマホプランMの高速データ通信量3GBは6GBとして利用できます。

キャリアサービスに引けをとらない内容で利用したい方向けのプランになります。

Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!

ただし、通話・通信エリアはソフトバンクのエリアとなります。また、ソフトバンクからのMNPは4,980円と1,000円ほど高くなるので注意が必要です。

まとめ

上記のコスト比較から、ベーシックな利用ではIIJmioのみおふぉん、ちょっとした通話が多い場合は楽天モバイルの5分かけ放題オプション、ヘビーに利用したい場合はワイモバイルのスマホプランMといった選択ができます。

一昨年までは各社横並びであったMVNOの音声通話サービスが、ここへきて独自色を色濃くしています。

FREETELでは1分かけ放題、5分かけ放題、ずっと半額が利用できる「FREETELでんわ」を2016年3月25日からサービス開始します。

FREETELでんわ

また、BIGLOBEでは650円で60分(1,200円分)の通話ができる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を提供しています。

「BIGLOBE SIM」のリーズナブルな料金プラン

これらのお得な通話サービスを比較検討し、自身の利用形態に合ったMVNOを選択することで、コストを抑えたSIMフリースマートフォンの運用が可能です。

筆者の場合、OCNモバイルONEの音声通話SIMを利用しているので、シェアSIMで音声通話SIMを追加して利用することを検討中です。

MVNOでSIMフリー版iPhone SEを運用する方法として参考にしてください。

それではまた。