あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

SIMフリー版iPhone SEをポチったけど出だし不調!?その要因とは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

昨日(2016年3月24日)から予約開始されたiPhone SE。

SIMフリー版64GBモデルが6万円台で購入できることで大きな話題となっています。

筆者はApple Store OnlineでSIMフリー版iPhone SE 64GB ローズゴールドを予約しました。

それにしてもかなり盛り上がりに欠けているいるようで、少しながら気になってしまいました。

店舗予約では混乱がなく、Apple Store Onlineでも在庫は潤沢

f:id:ankopan01:20160322080803p:plain

ツイッター上ではキャリア窓口でも混乱なく予約できたとの報告がありました。

実質iPhone5sのリニューアルモデルということで、あまりサプライズが無かったことも大きく影響していることでしょう。

筆者の場合、Apple Store Onlineで予約したわけですが、サイトにアクセスしずらいこともなく、簡単にSIMフリー版iPhone SE 64GB ローズゴールドの予約ができました。

本日(2016年3月25日)現在でも人気モデルiPhone SE 64GB ローズゴールドが予約可能で7-10営業日の出荷予定となっているので在庫は潤沢です。

f:id:ankopan01:20160325092556p:plain

iPhone SEが不人気というよりiPhone6sが売れていない現状

そもそもiPhone SEというよりiPhone6sシリーズの人気の陰りが1つの要因なようです。

というのは世界的にみてもiPhone6sシリーズの売り上げが厳しい状況で、2016年1~3月期の生産量を計画より3割程度減らすと報道されています。

www.nikkei.com

要するにiPhone 6sシリーズの売り上げが伸びていないので、iPhone 5sの部品を流用できる低コストなiPhone SEで売り上げを少しでも補完したいということではないでしょうか。

おそらく今秋に登場予定のiPhone 7までの繋ぎにするためのモデルがiPhone SEということです。

また、そのほかにも世界的にスマートフォンが飽和状態であり、需要自体が減少していることも1つの要因としてあるようです。

iphone-mania.jp

まとめ

iPhone SEはiPhoneの中ではミドルレンジモデルとして捉えることができます。また、SIMフリー版64GBモデルで6万円台で購入できる高いコストパフォーマンスを実現したモデルです。

なので、iPhone SEはMVNOの格安SIMの運用に向いたiPhoneになります。

このことからキャリアで購入予定の方は、次期モデルのiPhone 7の登場を待った方が得策です。

ただし、Androidも含めたSIMフリースマートフォンの中では、iPhone SEは間違いなくハイスペック機種になりますので、少しでも安くSIMフリー版iPhoneを導入したい方にはオススメの機種になります。

それではまた。