あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【Blade V580】開封の儀と外観

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォン。

筆者はこの春にファブレット・デビューするため、このBlade V580をムラウチの楽天市場店に予約していました。

発売日(2016年3月28日)に無事到着しましたのでプチレビューを掲載します。

そこで今回はZTE Blade V580のプチレビューその1として、開封の儀と外観をレビューします。

開封の儀と外観

ブルーの箱に最小限の付属品

ブルーが映える専用の箱に梱包されています。

f:id:ankopan01:20160329085206j:plain

f:id:ankopan01:20160329085240j:plain

コストパフォーマンスが高いモデルということもあり、付属品はmicroUSBとUSB用充電コネクタのみです。

f:id:ankopan01:20160329085307j:plain

最近のFREETELの箱が凝っているので、逆にシンプルな梱包でインパクトがありました。

見ようによってはリンゴマークのスマホに似ている

ZTEのスマートフォンはホームボタンが丸型なので、iPhoneクローンのような印象が強いです。

f:id:ankopan01:20160329085414j:plain

Blade V580も同様に「iPhone 6s Plus?」と間違えそうなデザインです。

カメラレンズが少し突出している

画像からはわかりにくいですが、背面に設置されている1300万画素のメインカメラは少し突出しています。

f:id:ankopan01:20160329085447j:plain

ケースを利用しないで利用する場合は少し注意が必要です。筆者はこのレンズの突出もカバーするためケースを利用しています。

指紋認証は背面に設置

Blade V580はミドルレンジモデルでありながら指紋認証機能を搭載しています。

f:id:ankopan01:20160329085557j:plain

指紋認証は背面カメラのフラッシュ下にあるので、手に持ちながら片手で認証することができます。

5.5インチであるが持ちやすい

Blade V580は5.5インチサイズということで、ご覧のとおりFREETEL Priori3s LTEと比較しても大きいサイズのスマートフォンです。

f:id:ankopan01:20160329085630j:plain

しかしながら意外と手に持ちやすく「このサイズ問題ないかも!」と思いました。さすがに片手での入力は難しいですが、タブレットと比較すると操作性は高くなります。

f:id:ankopan01:20160329085725j:plain

まとめ

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォンとして初の2万円台の機種です。

筆者は今回、ムラウチの楽天市場店から購入しました。ムラウチではBlade V580を税込み・送料込みで27,000円台で販売しています。

家電のムラウチ:楽天市場

他の店舗より安く購入できるので、少しでも安価にBlade V580をゲットしたい方は参考にしてください。

次回はプチレビューその2として、CPUとベンチマークテストについて掲載しますのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com