あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Blade V580】CPUとベンチマークテスト

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載したSIMフリースマートフォン。

高性能なスペックでありながら、販売価格2万円台の高いコストパフォーマンスを実現したミドルレンジモデルのスマートフォンです。

そこで今回はZTE Blade V580のプチレビューその2として、CPUとベンチマークテストをレビューします。

CPUとベンチマークテスト

CPUは「MT6753」

CPUは「MT6753」です。

f:id:ankopan01:20160330073848p:plain

MediaTek製の64Bit版のオクタコアCPUで、クロックは1.3GHzになります。

AuTuTuベンチマークでテストを実施

今回もAnTuTuベンチマークでテストを行いました。

モバイルアプリ

f:id:ankopan01:20160213210211p:plain

スコアは「37307」

ベンチマークスコアは「37307」でした。ミドルレンジモデルとしては素晴らしいスコアです。

f:id:ankopan01:20160330073757p:plain

ちなみにASUS ZenFone2 Laser(5インチモデル)のスコアは「24399」です。

SNS・メッセンジャー・メールなどのベーシックな利用ではもちろんのこと、マルチタスクで動作させてYouTubeやHuluなどの動画視聴でもサクサク動作します。

まとめ

ZTE Blade V580は5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載し、販売価格が2万円台の高いコストパフォーマンスを実現しています。

MediaTek製のオクタコアCPUを搭載し、AuTuTuベンチマークのスコアは「37307」とミドルレンジモデルとしては素晴らしい結果を残しました。

SNS・メッセンジャー・メールなどのベーシックな利用のほか、動画視聴でもサクサク動作します。ミドルレンジモデルとしては高評価の機種になります。

次回はZTE Blade V580のプチレビューその3、プリインストールアプリとストレージについて掲載しますのでご期待ください。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com