あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【Blade V580】カメラ機能とバッテリー持続時間

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

ZTE Blade V580は1300万画素のメインカメラと500万画素のインカメラを搭載しています。

また、3000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

そこで今回はZTE Blade V580のプチレビューその5として、カメラ機能とバッテリー持続時間についてレビューします。

カメラ機能とバッテリー持続時間

1300万画素のメインカメラ

今回は1300万画素のメインカメラで撮影したスナップショットです。撮影当日が曇り空で光が少ない状況での撮影になりました。全てオートモードで撮影しています。

スナップショットの画像集

光が少ない状況でもご覧のとおり綺麗な画質です。

f:id:ankopan01:20160404211356j:plain

f:id:ankopan01:20160404211434j:plain

f:id:ankopan01:20160404211505j:plain

f:id:ankopan01:20160404211539j:plain

暗い室内でも撮影してみましたが、東芝製のイメージセンサーの影響なのか、予想以上の画質です。

f:id:ankopan01:20160404211628j:plain

f:id:ankopan01:20160404211702j:plain

3000mAhのバッテリー登載

Blade V580は5.5インチディスプレイに3000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー持続時間

バッテリー満充電の状態で朝8時から夜10時40分まで、次のような状況で利用してみました。

  • メール送受信:21通
  • SNS:8分
  • キュレーション:25分
  • YouTube:15分
  • 音声通話:3分
  • メッセンジャー:5分

バッテリー残量は50%でした。1日は十分に利用できるバッテリー持続時間です。

f:id:ankopan01:20160404211749p:plain

2日間十分に利用できるFREETEL Priori3s LTEやASUS ZenFone Maxなどと比較すると見劣りしますが、合格点と言えるバッテリー持続時間です。

まとめ

ZTE Blade V580のカメラは、曇り空や光の少ない室内の状況においても、綺麗な画質で撮影できます。東芝製のイメージセンサーを搭載しているので高評価と言えるカメラ機能です。

バッテリー持続時間は1日十分に利用可能なので、メインで利用できるスマートフォンです。

個人的にも現在メインで利用しています。販売価格が27,800円とコストパフォーマンスも高く、隠れた名機になりそうです。

その他のレビューは次の記事も参考にしてください。

それではまた。

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com

www.ankopan.com