読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

Huaweiがエントリーモデルを国内投入!そのスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

国内のSIMフリースマートフォンを牽引しているメーカーがASUSとHuaweiです。

ASUSはZenFoneシリーズが大人気です。Huaweiはエントリークラスからハイエンドまで多数の機種を国内でリリースしています。

この国内SIMフリースマートフォンの2強のHuaweiがエントリークラスのSIMフリースマートフォンを発表しました。

そこで今回はHuawei Y6のスペックをチェックします。

Huawei

華為技術 - Wikipedia

華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ、Huawei Technologies Co. Ltd.)は、中華人民共和国広東省深圳に本社を置く通信機器メーカーである。

Huaweiは2015年のスマートフォン世界出荷シェアで、Samsung、Appleに次ぐ世界第3位のメーカーです。

www.itmedia.co.jp

Huawei Y6

5インチHDディスプレイ、クアッドコアCPU、800万画素のメインカメラを搭載したエントリーモデルのSIMフリースマートフォン。

f:id:ankopan01:20160409095507p:plain

気になるY6のスペックは次のとおりです。

Huawei Y6のスペック
OS:Android 5.1
画面:5インチ 1280×720
CPU:Qualcomm Snapdragon 210 MSM8909 クアッドコア 1.1GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
外部メモリ:microSD
メインカメラ:800万画素(F値2.0)
インカメラ:200万画素
バッテリー:2200mAh
LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
W-CDMA:B1/B5/B6/B8/B19
SIMスロット:microSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
カラー:ブラック/ホワイト
販売価格:15,980円

メモリ1GB、ストレージ8GBと少なめです。外部メモリとしてmicroSDが利用できるので容量を補完できます。

F値2.0の800万画素のメインカメラはスナップショットを撮影するには必要十分なスペックです。

LTE対応の機種としては低価格となる15,980円の価格設定となっています。

まとめ

Huawei Y6は、5インチHDディスプレイ、クアッドコアCPU、800万画素のメインカメラを搭載したエントリーモデルのSIMフリースマートフォンです。

大きな特徴がF値2.0の800万画素のメインカメラです。

販売価格が1万円台の機種ではFREETEL Priori3s LTE、FREETEL SAMURAI 雅、ASUS ZenFone Goなどがありますので比較検討して選択することをオススメします。

www.ankopan.com

通話、SNS、メッセンジャーなどのベーシックな利用では問題ないスペックなので、2台目やサブ機として活用できる機種です。

LTE対応の格安SIMフリースマートフォンの導入の参考にしてください。

それではまた。