あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

今年注目の格安スマホはarrows M03で決まり!

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

数年前までは格安SIMフリースマートフォンと言えば、3G専用のエントリークラスの低スペック機種がメインでした。

ここ数年のメーカーの努力とデバイスの性能向上により、お手頃価格でありながらミドルレンジの機種が多くなりました。

今ではLTE対応、5インチHD液晶、クアッドコアCPU、16GBストレージが当たり前となり、ベーシックな利用では格安SIMフリースマートフォンをメインで利用できるようになりました。

その中でも昨年発売された富士通のarrows M02は、NTTドコモ、auの周波数に対応するほか、防水・防塵、そしておサイフケータイ機能を搭載して大ブレイクとなった機種です。

そしてこのarrows M02の後継機が今注目されています。

arrows M02の後継機が認証通過

数多くのネットメディアやブログで取り上げられているので、ご存知の方も多いと思います。

この春、arrows M02の後継機にあたるarrows M03/RM03の存在が明らからになり、その機種が総務省の認証を通過したと話題になっています。

simchange.jp

個人的にも既にマークしている機種だけに期待が高まります!

次期モデルarrows M03もマルチキャリア対応で、防水・防塵、おサイフケータイ搭載か

arrows M03はarrows M02の機能を踏襲し、NTTドコモ、auの周波数に対応するマルチキャリア対応のほか、これまでも定評であった防水・防塵対応、そしておサイフケータイ機能の搭載が期待されます。

ベース機と噂されているNTTドコモのarrows SV F-03Hが発表されたことから、そのスペックからarrows M03のスペックを紐解くことが可能です。

arrows SV F-03Hでは有機ELと指紋認証が省かれたことから、arrows M03も同様のスペックの可能性が高いです。

arrows SV F-03Hのスペック

ちなみにベースモデルとなるarrows SV F-03Hのスペックは次のとおりです。

f:id:ankopan01:20160514212845p:plain

arrows SV F-03Hのスペック
OS:Android 6.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:Qualcomm Snapdragon 410 Quad Core 1.2GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
メインカメラ:1310万画素(F値2.0)
インカメラ:500万画素
バッテリー:2580mAh
その他:防水・防塵、おサイフケータイ

arrows SV F-03Hにはワンセグ機能がありますが、おそらくarrows M03では少しでも安価にするために省かれる機能になるでしょう。

また、これまで定評であった有機ELが非搭載となり、その代わりにメインカメラが1310万画素にスペックアップしています。

このことからディスプレイよりカメラ機能に力を入れたことが伺えます。

まとめ

ARROWSの大きな特徴がカメラのチューニングの良さです。

筆者は2世代前のARROWS M01をサブ機として利用していますが、800万画素とはおもえないほどのチューニングの良さが光る名機です。

www.ankopan.com

なので、個人的にはarrows M03のスペックアップしたカメラ機能に期待しています。

これらのことから、今年注目の格安SIMフリースマートフォンはarrows M03に決定しました!まだ未発表の機種ですが情報収集しながら楽しみたいと思います。

最近の富士通のARROWSシリーズは、ユーザー目線でバランスのとれた機種が多いですので、要注目のスマートフォンシリーズに格上げになったと感じています。

今年の注目機種の1つですので参考にしてください。

次の記事も参考にしてください。

www.ankopan.com

それではまた。