あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

Huaweiが新機種を発表!2つのモデルとそのスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

Huaweiは本日(2016年6月9日)、SIMフリースマートフォンの新機種P9とP9liteを発表しました。

P9はハイエンドモデルでP9 liteはミドルレンジモデルの機種になります。

そこで今回はHuawei新機種のP9とP9liteのスペックをチェックします。

Huawei P9のスペック

Huawei P9は、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、3GBのメモリ、32GBのストレージを搭載し、レーザーオートフォーカス機能にライカ製デュアルレンズのメインカメラを搭載したハイエンドモデルです。

f:id:ankopan01:20160609212654p:plain

Huawei P9のスペック概要
OS:Android6.0
画面:5.2インチ FHD 1920x1080
CPU:HiSilicon Kirin 955 (2.5GHz + 1.8GHz) Octa Core
RAM:3GB
ROM:32GB
メインカメラ:1200万画素×2
インカメラ:800万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:1/2/3/4/5/6/7/8/12/17/19/20/26/28/38/39/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
SIMスロット:nanoSIM×1
販売価格:59,800円

メインカメラにはソニー製イメージセンサーが搭載されています。

Huawei P9 liteのスペック

Huawei P9 liteは、5.2インチFHD液晶、オクタコアCPU、2GBのメモリ、16GBのストレージを搭載し、1300面画素のメインカメラを搭載したミドルレンジモデルです。

f:id:ankopan01:20160609212713p:plain

Huawei P9 liteのスペック概要
OS:Android6.0
画面:5.2インチ FHD 1920x1080
CPU:HiSilicon Kirin 650 (2GHz + 1.7GHz) Octa Core
RAM:2GB
ROM:16GB
メインカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
Wi-Fi:802.11 b/g/n
SIMスロット:nanoSIM×2
販売価格:29,980円

デュアルレンズではありませんが、こちらもメインカメラにはソニー製イメージセンサーが搭載されています。

まとめ

個人的なオススメはミドルレンジモデルのP9 liteです。

今年に入りミドルレンジモデルの機種では、Huawei GR5、ZTE Blade V580、FREETEL SAMURAI REI、ASUS ZenFone3、Huawei P9 liteとハイエンドに近い機種が登場しています。

いずれの機種もFHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証機能を搭載していることから、このスペックがミドルレンジモデルの標準になるでしょう。

ちなみにP9 liteは緊急地震速報(ETWS)に対応している数少ない機種になります。

また、販売価格が29,980円とライバル機種同様に、高いコストパフォーマンスを実現しています。

個人的にはZTE Blade V580、SAMURAI REI、ARROWS SH-RM02(SH-M02)を購入したばかりなのでP9 liteは保留となりますが、間違いなくメインで利用できるスマートフォンになります。

発売日は2016年6月17日となりますので、購入を検討の方は参考にしてください。

それではまた。