あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

ZTEが新機種を発表!2つのモデルとそのスペックとは

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

先月末からSIMフリースマートフォンのミドルレンジモデルの発表が続いています。

ASUSからはZenFone3、HuaweiからはP9 liteが発表されました。

このような状況で昨日(2016年6月15日)、ZTEがBlade V6の後継の新機種を発表しました!

そこで今回はZTEの2つのモデルとそのスペックをチェックします。

ミドルレンジモデルのZTE Blade V7 Lite

気になるBlade V7 Liteのスペック概要は次のとおりです。

f:id:ankopan01:20160616211043j:plain

Blade V7 Liteのスペック概要
OS:Android6.0
画面:5インチ 1280×720
CPU:MediaTek MT6753P Octa Core 1.0GHz
RAM:2GB
ROM:16GB
外部メモリ:microSD(最大32GB)
メインカメラ:800万画素(F値2.2)
インカメラ:800万画素
バッテリー:2500mAh
LTE:B1/B3/B5/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8/B19
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
その他:指紋認証
カラー:シルバー、グレー
販売価格:21,700円

5インチディスプレイ、両面に800万画素のカメラ、指紋認証機能が搭載されています。5インチミドルレンジモデルで、指紋認証機能を搭載した初のSIMフリースマートフォンになります。

最近発表されたASUS ZenFone3、Huawei P9 liteよりはディスプレイとメインカメラ機能が少し劣りますが、販売価格21,700円の高いコストパフォーマンスを実現している機種になります。

エントリークラスのZTE Blade E01

気になるBlade E01のスペック概要は次のとおりです。

f:id:ankopan01:20160616211104j:plain

Blade E01のスペック概要
画面:5インチ 1280×720
CPU:MediaTek MT6753P Octa Core 1.0GHz
RAM:1GB
ROM:8:microSD(最大32GB)
メインカメラ:800万画素(F値2.2)
インカメラ:500万画素
バッテリー:2200mAh
LTE:B1/B3/B8/B19
W-CDMA:B1/B6/B8/B19
SIMスロット:nanoSIM/nanoSIM
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
その他:指紋認証
カラー:ホワイト、ブラック
販売価格:14,700円

5インチディスプレイ、800万画素のメインカメラが搭載されています。メモリ1GB、ストレージ8GBと容量不足が否めません。

14,700円ととてもリーズナブルな価格設定なので、通話とメールだけといった限定した用途向きの機種になります。

まとめ

今回発表されたZTEの機種は、販売価格が安く普及モデル的な位置付けになります。

価格は少し高くなりますが、大画面でスペックアップした機種がZTE Blade V580になります。

筆者はこれまでZTE Blade Vec 4G、ZTE Blade V580を利用してきましたが、バランスのとれたオススメの機種となっています。

特にZTE機種には独自のバックアップ機能が搭載されており、個人的なお気に入りの機能になっています。

このバックアップ機能がZTE Blade V7 Liteに搭載されていれば、販売価格も安く実用的な機種になります。

いずれの機種もすでに予約開始されており、2016年7月中旬の販売予定となっています。

また、楽天モバイルではBlade E01を2016年6月29日から先行販売するとアナウンスされていますので導入の参考にしてください。

それではまた。