あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

国内発売決定!Moto G4 Plusのスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱん(@ankopan01)です。

日本国内ではNexus6、Moto X Playなどを投入しているモトローラ。

このモトローラが日本初のデュアルスタンバイ(4G/3G)対応のSIMフリースマートフォンを発表しました。

そこで今回は、気になるMoto G4 Plusのスペックをチェックします。

Moto G4 Plus

モトローラの5.5インチディスプレイ、オクタコアCPU、指紋認証機能、デュアルスタンバイ(4G/3G)対応のSIMフリースマートフォン。

f:id:ankopan01:20160716192439p:plain

気になるMoto G4 Plusのスペックは次のとおり。

Moto G4 Plusのスペック概要
OS:Android6.0
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:Qualcomm Snapdragon 617 Octa Core 1.5GHz
RAM:2GB/3GB
ROM:16GB/32GB
外部メモリ:microSD(最大128GB)
メインカメラ:1600万画素、F値2.0、レーザーAF
インカメラ:500万画素
バッテリー:3000mAh
LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28/B40
W-CDMA:B1/B2/B5/B8/B19
SIMスロット:microSIM ※nanoSIMアダプタ付属
Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n
カラー:ブラック、ホワイト
販売価格:RAM2GBモデル:32,800円、RAM3GBモデル:35,800円

Moto G4 Plusの大きな特徴がデュアルスタンバイ(4G/3G)対応です。なので、通話専用SIMとLTEデータ通信SIMを同時に利用できます。

また、ナノコーティング技術による簡易防水対応となっています。

スペック的には流行のミドルハイに位置付けられる機種になり、1600万画素のレーザーオートフォーカス機能のメインカメラ、RAM3GBモデルは32GBストレージ、3000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

まとめ

SIMフリースマートフォンの今年の流行はミドルハイモデルです。

5インチオーバーのディスプレイに、オクタコアCPU、高解像度カメラ、指紋認証機能、大容量ストレージが主流となっています。

ライバル機種はFREETEL SAMURAI REI、ASUS ZenFone3あたりの機種になります。

ライバル機種と比較すると販売価格が少し高めなので購入を検討の際は、ライバル機種との比較をして選択することをオススメします。

ちなみに日本国内ではまだ販売されていませんが、ASUS ZenFone3もデュアルスタンバイ(4G/3G)対応となっています。

それではまた。