読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

Pokemon GOをプレイするために激安スマホを導入する方法

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

本日(2016年7月22日)から国内配信されたPokemon GO。

世界的大ヒットというより、すでに社会現象化しているといっても過言ではありません。

このPokemon GO、基本的にスマートフォンでないと利用できません。

なので、スマートフォンを持っておらず、このブームに乗れない方も多いと思います。

そこで今回は、Pokemon GOをプレイするために激安スマホを導入する方法をご紹介します。

格安SIMフリースマートフォンarp AS01Mを導入する

できる限り安価にスマートフォンを導入する方法が、格安SIMフリースマートフォンの導入です。

なかでも、NTTコムストアで販売されているarp AS01Mは、LTE対応、5インチディスプレイ、クアッドコアCPU、800万画素メインカメラ、3GBメモリ、16GBストレージを搭載し、激安の11,800円(税抜き)で販売されています。

このarp AS01Mは、激安でありながらPokemon GOのプレイに必要な条件をクリアしています。

Pokemon GOのプレイに必要な条件

  • メモリ:2GB以上
  • OS:Android4.4以上
  • CPU:Intel Atom以外

arp AS01Mの対応スペック

  • メモリ:3GB
  • OS:Android5.1
  • CPU:MediaTek MT6735P

また、Pokemon GOのARモードの利用に必要なジャイロセンサーを搭載しています。

ちなみにPokemon GOの利用ではかなりバッテリーを消費するので、モバイルバッテリーが必須のアイテムとなります。

arp AS01Mの関連記事は次のページを参考にしてください。

www.ankopan.com

 

arp AS01M付属のデータ通信SIMを利用する

さらにこのNTTコムストアのarp AS01Mには、OCNモバイルONEの格安SIMが付属するので、追加料金無しでデータ通信SIMを導入できます。

商品が到着しだいデータ通信SIMの開通手続きすることで利用できます。

OCNモバイルONEのデータ通信SIMは、月額1,100円で高速データ通信容量3GBまで利用できるほか、専用アプリからターボ機能をOFFにすることで、200Kbpsの速度で使い放題で利用できます。

f:id:ankopan01:20160722221533p:plain

200Kbpsでのプレイ検証はこちらの記事を参考にしてください。

www.ankopan.com

様々な公衆無線LANスポットが無料利用できるJapan Connected-free Wi-Fiを利用する

少しでもOCNモバイルONEの高速データ通信を節約するためには、公衆無線LANスポットが利用できるJapan Connected-free Wi-Fiを利用します。

f:id:ankopan01:20160722221726p:plain

Japan Connected-free Wi-Fiは、フレッツ・スポット、セブンスポットをはじめ、主要な駅や空港、コンビニエンスストアや百貨店などの公衆無線LANに接続し、無料利用できるサービスです。

www.ntt-bp.net

ユーザー登録後、最寄りの公衆無線LANスポットでアプリから接続することで、無料利用できます。

モバイルアプリ:Japan Connected-free Wi-Fi

f:id:ankopan01:20160722221823p:plain

まとめ

今回紹介したarp AS01MはNTTコムストアで販売されている格安SIMフリースマートフォンです。

なので、OCNモバイルONEの各種SIMが付属します。通常ですと契約時に登録手数料が3,000円かかりますが、セット商品なので登録手数料分が実質無料となります。

また、OCNモバイルONEでは、どのデータ容量プランでもシェアSIMが利用できることから、高速データ通信容量3GBプランにデータ通信SIMを追加し、2回線でシェアすることもできます。

詳しくこちらの記事を参考にしてください。

www.ankopan.com

この夏、Pokemon GOをプレイするために激安スマホを導入する方法として参考にしてください。

また、Pokemon GOの関連記事はこちらも参考にしてください。

www.ankopan.com

 

それではまた。