あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

サブブログの立ち上げを検討中!「はてなブログ」でいくか「WordPress」でいくか

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

当ブログ「あんこぱんのつぶやき」は、開設から約20か月が経過しました!

記事数も544記事となり、目標の1000記事まで半分を切りました。

これもひとえに、多くの皆さんのアクセスのおかげです。本当にありがとうございます!

実は、当ブログが継続的に運用できるようになったので、別テーマによるサブブログを立ち上げることを検討しています。

そこで今回は、サブブログの立ち上げを「はてなブログ」行くか「WordPressで」行くかを考察します。

これからのウェブサイトはSSL化が必須になる

Googleのアナウンスでは、今後、SSL化(https化)をSEOで優遇し、SSL化を推奨するアルゴリズムを導入するとしています。

web-tan.forum.impressrd.jp

これを受けてかどうかは定かではありませんが、ウェブブラウズのGoogle ChromeではURL欄がSSL化とそうでないウェブサイトと表示が異なるようになりました。

f:id:ankopan01:20160924093822p:plain

※SSL非対応の場合、上記のように表示されます。

また、Googleではモバイル用ウェブサイトの検索表示を高速化するAMP化を推奨しており、AMP対応も重要な施策になることは間違いありません。

www.suzukikenichi.com

そこで少し懸案事項となるのがはてなブログです。

はてなブログはSSL非対応

はてなブログProでもAMP化は利用できるようになりましたがSSL化は非対応です。

WordPressではレンタルサーバーのXサーバー、WPXなどがいち早くSSL化に対応しました。アフィリエイトASPのA8.net、バリューコマースなどもSSL化に対応しています。

これらはウェブ業界に急速にSSL化の波が押し寄せて来ていることに伴う対応です。

レンタルブログにおいてはGoogle Bloggerがいち早くSSL化に対応したことから、レンタルブログにおいてもSSL化は必須の施策になりました。

ただし、レンタルブログのSSL化は一筋縄ではいかないことは周知の事実です。

SSL化はウェブサイト内のリンクもSSL化されていないとエラー表示となります。

これはアフィリエイトにも言えることで、はてなブログのAmazonアソシエイト機能、カエレバなどのアフィリエイトツールを利用したリンクもエラー表示となります。

また、はてなブログで独自ドメインで運用している場合、レンタルブログ側がSSL化しても独自ドメインで登録しているサービスの変更にかかる手間が生じます。

これらのことを考慮すると、サブブログをはてなブログで立ち上げる懸念があります。

まとめ

現在、多くのパワーブロガーがSSL非対応でブログ運用している状況ですが、ウェブ業界に詳しいブロガーやブログメディアは既にSSL化を実施しています。

www.landerblue.co.jp

smhn.info

※上記のブログは既にSSL化対応しています

今後、間違いなくブログのSSL化は必須の施策になります。

このことを踏まえると、サブブログを立ち上げるには、SSL対応のレンタルサーバーでWordPressで運用することが第1候補となります。そして第2候補がGoogle Bloggerになるでしょう。

ただし、WordPressでの運用は、レンタルサーバー代、独自ドメイン代などの運用費用が発生するほか、WordPressをカスタマイズする技術と労力が必要になるデメリットがあります。

また、Google Bloggerは、ブログ内容の審査が継続的に実行されるので、ちょっとした表現の違いで運用停止になる恐れもあります。

個人的には、はてなブログが早期にSSL化対応してもらえれば嬉しいですが、乗り越えるハードルは高いと思っています。

サブブログの立ち上げを考察した結果、はてなブログのドメインで開設し、はてなブログがSSL化してから独自ドメインを導入することで、様々な懸案事項が解決できることが解りました!

なので、サブブログははてなブログで立ち上げることにします。

ちなみにこの方法では1つ注意点があります。

将来のSSL化を想定し、リンクは全てSSL化対応のものにする必要があります。

このことさえ実行すれば、はてなブログのSSL化後、独自ドメインに移行しても問題なくブログを継続できるでしょう。

おそらくはてなブログ側でもSSL化の対応は検討されているでしょう。今後、何らかのアクションがあることを期待しながらサブブログの案を練りたいと思います。

それではまた。