あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【ZenFone3】国内モデルよりAmazon並行輸入品の方が安い現象が発生!

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

満を持して国内発表されたASUS ZenFone3。

台湾、香港では2016年7月に発売されたことから、筆者のように海外モデルを入手した方もいるでしょう。

国内モデルのZenFone3は、ファームウェアとプリインストールアプリに違いがあるだけで、台湾・香港モデルと同じです。

なんと!ZenFone3、国内モデルよりAmazon並行輸入品の方が安い現象が発生しているのです。

ZenFone3国内販売モデル一覧

昨日(2016年9月28日)発表されたZenFone3の国内モデルは、次のとおりです。

ZenFone3 ZE520KL 32GB:39,800円(税抜き)

サイズ:5.2インチ
カラー:サファイアブラック、パールホワイト、シルバー

ZenFone3 Deluxe 64GB:55,800円(税抜き)

サイズ:5.5インチ
カラー:ゴールド

ZenFone3 Deluxe 256GB:89,800円(税抜き)

サイズ:5.7インチ
カラー:シルバー、ゴールド

個人的には5.5インチモデルのZenFone3 ZE552KLが未発売となり少し残念です。

国内モデルよりAmazon並行輸入品の方が安い現象が発生!

Amazonでは並行輸入品のZenFone3 ZE520KL 32GBモデルを取り扱っています。

なんと!Amazon並行輸入品の販売価格が32,000円前後で推移しています。

これですと購入に少し迷うかもしれません。

まとめ

ZenFone3 ZE520KL 32GBはミドルハイのLTE対応SIMフリースマートフォンです。

1600万画素のメインカメラは、ソニー製のイメージセンサー、レーザーオートフォーカスを搭載し、4K動画の撮影と光学手ぶれ補正に対応しています。

台湾や香港ではお求めやすい価格で販売されていることから、個人輸入や旅行の際にゲットした方もいるでしょう。しかも台湾、香港モデルは国内モデルと同モデルとなります。

その並行輸入品がAmazonで販売されています。少しでも安価にZenFone3を購入するための1つの選択肢になるでしょう。

ただし、この場合はASUS JAPANの保証対象外となり、ファームウェアは各国モデルとなるほか、プリインストールアプリも相違します。さらに、技適マークが無い場合、法律上国内での利用ができません。

このことから、ZenFone3を輸入品を利用する場合は、これらのことを総合的に検討することが必要です。

ちなみに国内モデルの販売価格帯では、ダブルレンズ搭載で楽天モバイルが独占販売しているHuawei honor 8がライバル機種となります。

それにしても為替が円高の状況の中で、国内モデルZenFone3 ZE520KL 32GBの販売価格39,800円は、ちょっと高いことは否めないです。

それではまた。