あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォン、モバイルアプリ、ウェブサービスの情報ブログ

【FREETEL】新機種発表!「極 KIWAMI 2」と「SAMURAI 雷神」のスペックとは

 

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

FREETELは格安SIMサービスを提供するMVNO事業者です。

また、自社ブランドのSIMフリースマートフォンを販売する数少ない国内メーカーです。

このFREETELが昨日(2016年10月6日)、新機種の「極 KIWAMI 2」と「SAMURAI 雷神」を発表しました。

そこで今回は、「極 KIWAMI 2」と「SAMURAI 雷神」のスペックをチェックします。

10コアCPU搭載の「極 KIWAMI 2」

「極 KIWAMI 2」は、5.7インチQHD液晶、10コアCPU、4GBメモリ、64GBストレージを搭載したハイエンド機種です。

気になる「極 KIWAMI 2」のスペックは次のとおりです。

極 KIWAMI 2 スペック概要
OS:Android 6.0
画面:5.7インチ 2560×1440
CPU:MediaTek Helio X20 MT6797 10Core
RAM:4GB
ROM:64GB
メインカメラ:1600万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー:3400mAh
LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
W-CDMA:B1/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション:B3/19、B1/19
SIMスロット:nanoSIM×2※デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
Wi-Fi:IEEE802.11 a/ac/b/g/n
その他:指紋認証、USB Type-C
販売価格:49,800円

5.7インチQHD液晶、10コアCPU、4GBメモリ、64GBストレージ、1600万画素メインカメラ、3400mAhバッテリーを搭載しています。

また、NTTドコモ系MVNOで利用できるよう国内周波数にチューニングされています。

最近流行のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応しているほか、キャリアアグリゲーションにも対応しています。

さらに指紋認証、USB Type-Cを搭載しているので、まさにハイエンドといったスペックです。

ZenFone Maxのライバル「SAMURAI 雷神」

「SAMURAI 雷神」は、5.5FHD液晶、8コアCPU、4GBメモリ、64GBストレージ、5000mAhバッテリーを搭載したミドルスペック機種です。

気になる「SAMURAI 雷神」のスペックは次のとおりです。

SAMURAI 雷神 スペック概要
OS:Android 7.0
画面:5.5インチ 1920×1080
CPU:MediaTek MT6750T Octa Core
RAM:4GB
ROM:64GB
外部ストレージ:microSD※最大128GB
メインカメラ:1600万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー:5000mAh
LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
W-CDMA:B1/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション:B3/19、B1/19
SIMスロット:microSIM/nanoSIM※デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n
その他:指紋認証、USB Type-C
販売価格:29,800円

5.5インチFHD液晶、8コアCPU、4GBメモリ、64GBストレージ、1600万画素メインカメラ、5000mAhバッテリーを搭載しています。

5000mAhの大容量バッテリーの搭載で、ZenFone Maxのライバル機種となります。

SAMURAI 雷神のほうが、5.5インチFHD液晶、4GBメモリ、64GBストレージ、キャリアアグリゲーション対応、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、IEEE802.11 a対応、指紋認証、USB Type-C搭載などスペック的に上位になります。

ミドルレンジ機種ですがスペック的にはミドルハイに位置付けられます。

また、販売価格29,800円と高いコストパフォーマンスを実現しています。

格安SIMサービスでは大容量プランを新設

FREETELでは今回の新製品発表にあわせて、格安SIMサービスの大容量プランを発表しました。

新設された大容量プランは、「使っただけ分だけ安心プラン」に15GB、20GBのプランが追加され、「定額プラン」に15GB、20GB、30GB、50GBが追加されました。

それぞれの料金は次のとおりです。

また、全プランの新規契約の初期費用が2016年10月18日から299円(現行:3,000円)に改定されます。FREETELで格安SIMを新規契約するには、10月18日以降のほうがお得です。

まとめ

最近新機種の情報が乏しいと感じていたFREETELが、満を持してハイエンドの「極 KIWAMI 2」とミドルレンジの「SAMURAI 雷神」を発表しました。

特に「SAMURAI 雷神」は、5.5インチFHD液晶、4GBメモリ、64GBストレージ、キャリアアグリゲーション対応、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、IEEE802.11 a対応、指紋認証搭載、USB Type-Cなどを搭載し、販売価格29,800円と高いコストパフォーマンスを実現している注目機種です!

また、MVNOの中でも定評のある格安SIMの大容量プランも注目です。

個人的には「SAMURAI 雷神」は要チェックのSIMフリースマートフォンになりました。

それではまた。