あんこぱんのつぶやき

格安SIMフリースマートフォンを中心としたモバイルモバイルの情報ブログ。ときどき雑記も掲載します!

【Fire HD 8 2016】16GBでも大丈夫!microSDの導入のススメ

スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブログ住民のあんこぱんです。

Fire HD 8 2016は、ストレージ容量に違いがある16GBと32GBの2つのモデルがあります。

購入時にこの2つのモデルのどちらを選択するか迷うと思います。

実はFireタブレットはmicroSDに様々なファイルを保存できるのです。

200GBまでのmicroSDが利用可能

Fire HD 8 2016は外部ストレージとしてmicroSDが利用できます。

microSDスロットは最大200GBまで対応しているので、16GBモデルでも大容量のmicroSDを導入できます。

Amazonビデオ、Amazon Musicのメディアファイルを保存できる

Fire HD 8 2016は、microSDにAmazonビデオの動画ファイルを保存できます。

Amazonビデオの映画・ドラマ・アニメなどの様々な動画コンテンツをダウンロードしオフラインで楽しむことがことができます。

また、同様にAmazon Musicの音楽ファイルをダウンロードしオフラインで楽しむことができます。

Kindleの電子書籍ファイルを保存できる

Firr HD 8 2016は、microSDにKindleの電子書籍ファイルを保存できます。

これまで購入したKindleの様々なタイトルの電子書籍ファイルをダウンロードしオフラインで楽しむことができます。

このようにFire HD 8 2016は、Amazonの各種サービスの様々なファイルをmicroSDに保存できる仕様になっています。

16GBでもmicroSDを導入することで、大容量タブレットとして利用できます。

まとめ

Fire HD 8 2016は、microSDに様々な電子ファイルを保存できます。

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

 

今回紹介したほかにも、移動可能なアプリ、撮影した画像や動画のファイルもmicroSDに保存できます。

なので、購入時に16GBモデルと32GBモデルで迷った場合は16GBモデルを選択し、後からmicroSDを導入することで対応できます。

筆者も16GBモデルに32GBのmicroSDを導入して利用しています。

最近はmicroSDが安価に購入できるので、Fire HD 2016は16GBモデルにmicroSDの導入をオススメします。

Fire HD 8 2016の外部ストレージの利用方法として参考にしてください。

それではまた。